2016年11月04日

万年筆27本目/アウロラ イプシロン


自重しようと言ったわりに万年筆が増えたわけだが
こちらはまたしてもいただきもの。キャップに名前入り♪

Y1.JPG

アウロラ イプシロン B11 イエロー
ペン先:ゴールドプレート  EF

Y2.JPG

アウロラと言えば、イタリアの老舗万年筆メーカー
デザインがおしゃれ!でも高い!というイメージ。
こちらはエントリーモデル的位置付けのようだ。これだって高いのに!

イプシロンってのはクリップが「Y(イプシロン)」型に由来してるそうだ。
おぉ、イプシロンって打って変換するとΥが出て来るぞ。
ギリシャ文字の5番目のεもイプシロンだけど。

キャップのふくらみがかわいい。
パキッとした黄色が綺麗。
わたしのイプシロンのリングデザインは金色。これは新タイプらしい。
旧タイプは黒が強い。どっちがかわいいかなぁー
黒かもなぁー。(これは、買う時には選べなかったらしい)
あー、でも名入れが黒だから、バランスとれてていいかもなー。(でかい独り言)

EFなんだけど、海外のだから御多分にもれず太目だと思っていた。
ところがどっこい、これはほんとーにEF、細い。
さすがにセンチュリー 3776のEFよりは太いけど
センチュリーはめちゃくちゃカリカリしてイーーーーーッ!ってなるのに
これはストレスフル。すごく書きやすい。
鉄ペンのEFなのに。(鉄ペンのEF=カリカリという認識もどうだか分からんが)
サリサリに近いかな。
紙をひっかく感じが全然ないのがいい。
なんか仕事とかでもガンガン使える、使いたい感じなので
彼のすすめもあり、はじめて黒インクを入れてみた。

27本目の万年筆にしてはじめての黒!
あ、まー、履歴書書き用に買った極黒はあるけど、それは除いて・・・

気兼ねなく使える(値段とはわたしは思わないが)
書きやすい万年筆で気に入った。

そうそう、キャップは嵌合式。

ポストしないで書くと最高にバランスがいい。この重みとか好き。

最初、キャップをポストすると、すっかすかで
あ、ポスト出来ないやつなんだ、と思ったのだけど
きちんとカチッとはまる仕様だった。ネットで調べて分かった。
結構力がいる。ネット見てなきゃ、怖くてこんなに押し込まなかったよ。

ダイアミン-「オニキスブラック」を入れて使用。

ay3.JPG


posted by こはしいづみ at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

万年筆26本目/シェーファー レディシェーファー 630


レディシェーファー 630 ブラッシュトゴールド
ペン先:14K  F

ls1.JPG

やばい
わたしはシェーファーがとても好きかもしれない。

と言っても持っているのは、先日購入したこちらのレディシェーファー 630と
タルガで2本だけだが。

こちらの万年筆は
1970年代-1980年代のものらしい。
「レディシェーファー」というのは、女性向けに作られた商品のようだ。

サイズは、手の小さいわたしで丁度良いので、男性には小さいのかもしれない。
デザインは確かに女性的。
キャップリングの装飾と、ちょこんと付いたクリップがかわいい。

全体は、ヘアライン仕上げのように見えるがツルツル。

ニブは14金でかなりの小型。
ls2.JPG
シェーファーの特長とも言える反りかえったニブが
この万年筆ではより顕著。
すげー反ってる。
この反ったニブの書き味が好き。
中古なので、元々の書き味は分からないが
そこそこなめらかに筆記出来る。
ちゃんと細字なのもいい。

コンバーターはプッシュ式。
ls3.JPG

タルガの板バネ式もだけど、初めての仕様にドキドキ。
相変わらずインクがどれだけ入ったか分からないし
入れ方もよく分からない。。(インク瓶のなかで何回もシュポシュポするの??)

古いシェーファーの万年筆
集めてしまうかもしれない。

あ、いや、少し自重しよう、うん。

ダイアミン-「ゴールデンブラウン」を入れて使用。
ls4.JPG

posted by こはしいづみ at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

NAGASAWA キップ ロールペンケース


つくしペンケースは気に入っているのだけど
使ってるうちに
ファスナーの開け閉めが面倒くさくなってきた。
あれ、ジジ、ジジーージジジ・・・
って一周くるっと回さなきゃいけないのね。
これがなんか面倒で・・・

そこで、ついに買ってしまった「ナガサワ ロールペンケース 5本差し」
いや、買ってもらったのだけど・・・
さすがに高くて買えないなーとは思いつつもちょっと憧れてはいた。
ついに手にしたぞナガサワペンケース!

IMG_2345.JPG

そもそもロールペンケースは好きじゃないのだけど
(クルクルってするのと、紐で留めるのが面倒なのと、丸くなるのがね・・・)
このペンケースなら、最悪巻かないで平たいまんま持ってもいいか
と思った。結局巻いてるけど。

IMG_2348.JPG

フラップがなくて、ペンが取り出しやすいのがいい。
(口の部分は折り返せる)

IMG_2347.JPG
こうして見ると、ペリカンの天冠はかわいいなおい。

そしてなんと言っても、革がチョー気持ちいい。なんて表現。
やわらかくて、吸い付くようで、しっとりしていて、いつまでもスリスリしていたい
そんな革。内側はエクセーヌという生地なんだけど
これもまたスエードみたいな気持ちの良い素材。
ペンにやさしい感じ。

ステッチの赤、裏地の赤が黒に映えてとっても綺麗。

持ち歩くペンは10本〜11本なので
5本に厳選しなきゃだけど、買ってもらってよかった。
(10本差しもあるんだけど、さすがに丸めた時のデカさが嫌になりそうで止めた)

すごく気に入っているスリスリ。。。

posted by こはしいづみ at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

万年筆25本目/パイロット グランセ


パイロット グランセ ロジウム ブラック&レッド
ペン先:14K 3号 M

万年筆は当分買わないぞ!買わない!
と思っていたのに買ってしまった。
ひとめぼれ。

grance.JPG

黄銅にロジウムメッキされた(合ってるかな?)30gと重い軸。
実際の重さ云々抜きにして、持っている万年筆の中で一番重く感じる。
書いている時に感じる重さがすごい。(因みにキャップはポストしない)
ペンを力強く握ってしまう自分には、ちょっと難しい万年筆だ。
本来の使い方であろう、「ペン自体の重さで書く」っていう
書き方をしないと疲れるかもしれない。

軸径は10.5mmφと少し細め。(キャップ除く)

キャップの赤部分は、ほんのりと黒色とのマーブル模様になっている。
grance2.JPG
エンジ?バーガンディー?落ち着いた赤がきれい。
この画像の色が実物に一番近いかもしれない。結構暗めの赤。

因みに首軸はマーブル模様にはなっていない。
grance3.JPG

キャップは嵌合式。開け閉めしやすい良い具合。

ニブは3号なので小さい。でも良いバランスだと思う。

パイロットはフローが良すぎる「感覚」なので
中字はどうかな?と心配していたが
然程中字、中字していない。
んーー、一段階細い中字って言うのかな。
ペリのFよりは確実に細い。M200のEFに近いかな。
まあ、そんなに比較対象があるわけじゃないし
個々のコンディションやインクにもよるんだろうけど。

インクはモンブランのバーガンディレッドを入れているが
多分これが本来の色なんだろうな、という色が出て満足だ。
(このインク、入れる万年筆によってコロコロ色が変わるんだ)。
フローも丁度良い。
スラスラと気持ちよく書ける。(カリカリ、ぬらぬら、の部類ではない)

あまり扱っているお店を見ないのだけど
ブラック&グリーン、ブラック&グレー、ブラック&ブルーもあるので
全色欲しいくらいには気に入っている。定価が2万(+税)なので
そうやすやすと買えるものじゃないのだけど。
次はFが欲しいなぁ。(因みにFMもある)

モンブラン-「バーガンディレッド」を入れて使用。
grance4.JPG

posted by こはしいづみ at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルシーナのキャップが割れたよ


ルシーナの記事でも書いたけれど
PILOT ルシーナのキャップが割れた。
リングの下のところが、結構な範囲でパックリいっている。

ca.JPG

接着剤でとめてごまかしていたんだけど、使ってるとやっぱり割れてしまう。

で、PILOTに、キャップだけ供給してるか問い合わせてみた。
結果は、キャップだけ買えるってことだったんだけど
値段にびっくり。なんと2,052円もするとのこと。

ルシーナは、本体価格が5,000円だ。(プラス税)
キャップは500円くらいだろう
まぁでも、さすがに、総額からの比較で500円って
子供みたいな思考は通らないだろうから、1,000円、行っても1,300円くらいかな?
と思っていたもんでびっくりしてしまった。
ちょっと高すぎないだろうか??

わたしのルシーナのキャップは、相変わらず割れている。(接着剤でとめている)

リングの下の部分が細すぎて、そこに負荷がかかりすぎるんじゃないかなぁ。
#3776も細いけどさ。こっちはバランス型だから負荷のかかり方が違うとか・・・

・・・・・・物のせいにしてみる。

書き味が気に入りはじめていただけに悲しい。
キャップ買えばいいんだけどね。
キャップに2,000円出すなら、違う万年筆買う足しにする。うん。

因みに買う場合は、PILOT製品取扱いの文房具店で
取り寄せしてもらう事になるようだ。

posted by こはしいづみ at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

万年筆24本目/ペリカン クラシック M200


ペリカン クラシック M200 コニャック
ペン先:ステンレス EF

m2001.JPGm2002.JPG

たまたま画像をみて、コニャックの色味にやられひとめぼれ。
美しい!鉄ペンとかどうでもいい、欲しい!
そして、彼におねだりして買ってもらった。(もらってしまった)

コニャックって名前がいいよ。最高だ。(飲まないけど)。
本当にコニャックって感じ。
(でも、「コニャック」で画像検索したら、「コニャック」はもっとアンバーだった)

高級!って感じではないけど、落ち着いたゴールドとコニャックの合わせ
透け過ぎない透明度がとても美しい。

ニブは金ぴか(24金鍍金)で装飾控えめ。ちょっとのっぺりしている。
本体の金色は控えめですごく綺麗なのに
ニブの金ぴかは悪目立ちする感じ。ちょっと残念。

本体の長さはちょっと短め。(124mm)
全体的に軽いので(13g)キャップをポストして書くのが丁度よい。
ポストした時に、クリップが手に当たるのが好きじゃないのだけど
これは当たらない。すばらしい!(プロギアスリムは当たってた気がする)

これくらいの軸の太さは取り回しやすくて好きだけど
長さともども、男の人には少し小さいんじゃないかなぁ、と思う。

書いた感じは、しゃりしゃりするかなぁ。
カリカリに近いしゃりしゃり。これはこれで楽しい。
いっぱい書けば、慣れて良い書き味になりそう。(予感)

フローは丁度良い。
字幅はEFを買ったけど、国産のFくらいかな。

ピストン吸入式はとっても便利。コンバーターとか要らないっていいわぁ。

ダイアミン-「エバーグリーン」を入れて使用。

m2003.JPG

posted by こはしいづみ at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

万年筆21本目/シェーファー タルガ 1007


シェーファー タルガ ジオメトリック ゴールドプレート
ペン先:14K  F

10071.JPG
実物はもうちょっと黄色味が強い。
彼に、「バブルって感じだね」と言われた。うまい!

10072.JPG

本体は金属に金メッキ。
1990年代の物らしい。廃盤品。
ネットで中古で購入。
この金ピカの金属&格子ボディにひとめぼれしてしまった。
あとインレイニブ!これかっこよくて大好き。
10074.JPG

軸は細めの部類に入ると思うのだけど、あまり気にならない。
適度に重さがあってバランスがいい。(27g)
さすがにキャップをすると重いのでポストせず書く。

字幅はFだが、やっぱりそこは外国製。ちょっと太目。
限りなく中字に近い細字という感じ。

シェーファーと言えば、ちょっと反ったニブが特徴らしいのだが
こちらも反っている。これが柔らかいタッチを生み出しているのかな?
かなり書きやすい。

コンバーターを使っているのだけど、初めて見るタイプだったんで
びっくりしてしまった。え?これどうやって使うの??って。
これは中押し式になるんだろうか?
金属の筒の中にゴムチューブみたいな材質のものがある。
ゴム(っぽいもの)に板が這わせてあって、そこをプシュプシュ押すと
インクが吸いあがる。スポイトの要領ね。

これ、インクが見えないし、どれだけ入ってるのかもさっぱり分からない。
インクが無くなる時も分からない。
ちょっと不便よね。

でもなんか、その不便さもひっくるめて愛せる万年筆。

そうそう、たまに「金張り」と紹介している方を見かけるのだけど
これって金メッキじゃないのかな?
(金メッキは薄いプレートを張ってるから剥がれやすい。
金張り(GF)はプレートが厚いから剥がれにくい)。
どっちなんだろー。よく分からん。まぁ、どっちでもいいか。

ダイアミン-「サラマンダー」を入れて使用。
1007.JPG
これだと字がグレーっぽく映ってるけど
実際はもうちょっと緑。カーキっぽい。


posted by こはしいづみ at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

万年筆20本目/セーラー プロフェッショナルギア スリム


セーラー プロフェッショナルギア スリム 銀 ダークフランボワーズ
ペン先:14K 中型 F

pro1.JPG
これは明るい赤で朱色っぽくも見えるけど、実物はもうちょっと濃い赤。

サイズを気にせず買ったものだから(ネット)
届いてびっくり。結構短かかった。
プレラより少しだけ長い程度。
太さとか外観の見た目もプレラっぽい。
プレラがプロギアっぽいのか。ちょっと安っぽい感じがある。
ためしにプレラと。色はこっちの方が近い。

pro2.JPG

普段はキャップをポストしないで書くのが好きなのだけど
これはポスト必至。重さの面でも。

長さは124mm (キャップポスト時:142mm)
重さが16.8gと軽め。

スラスラ書けて、書き心地は良い。
やわらかめの感触。(そりゃ、21Kよりは硬いだろうけど)
字幅はオーソドックスなまさに「細字」という感じ。

よく、ニブにインクが付着しているのが気になる。
フローが良すぎるのかな。書いていても確かにフローはいいけど
出過ぎってことはないのだけど。。。

軸色とか、天冠の錨マークとか好きなんだけど
これといった特徴のない、無難な万年筆だなーという印象。
あくまでも、この1本は、だけど。

プレラは好きなんだけど、基本的に短い軸は合わないのかもしれない・・・

色彩雫-「深海」を入れて使用。

pro3.JPG

posted by こはしいづみ at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

2回目のペンクリ


ここで書いた中古万年筆を見てもらうべく
ペンクリニックに行って来た。人生で2度目
仲谷佳登先生に診てもらうのは初めて、のペンクリだ。

開始20分後くらいに着いたのだが、既に3、4人待っていた。
受付用紙を記入して、わたしは店内をブラブラ。
万年筆を見に来る人や、ペンクリに来る人は
ダンディなおじさまやダンディな中年男性が多い。
万年筆とおじさま・・・かっこいいよなぁ・・・

20分くらい待ったところで、名前を呼ばれたので
そそくさと席に着き、カスタムヘリテイジ91を差し出す。

私: 「これなんですけど、インクの出が悪いんです」
先生:「(ルーペ(?)で見ながら)こりゃダメだ、こりゃ書けないよ」
   「どこで買ったの?」
私: 「お店で中古で買ったんです・・・」
先生:「どこ?」
私: 「〇〇〇です。」
先生:「あそこは行くこともあるよ。(ペンクリだったか、調整で行かれるのだったかは忘れた)
    ”良品”って?」
私: 「はい。使用感の少ない上品ってことで・・・」

お店を言ったら、先生はご存じで、悪く言うなんてことは無かったのだけど
「ポチッとしちゃったか。分かるけど、顔を見ないで彼氏を決めないでしょ?」と。
おもしろい事おっしゃるな、と思いつつも結構ずどん、と来た。

顔で彼氏を決めはしないけれど
顔も知らずに彼氏にはならない。
中古で買うandネットで買うってことは、そういうことなんだなぁ。。。(どういう)

先生は話しながらも色んな道具で色々せわしなく作業をされていた。
ニブなんていつ外してたんだろう・・・
切り割りに薄い板みたいの挟んでる・・・

先生から、「これで何か書いてみて」と万年筆を渡される。
確かスティピュラだったと思うのだけど・・・
すっごく気持ちの良い書き味で
「これ、気持ちいいですね」なんて言っていた。
先生は、「中字に調整してるんだけど、縦だと太目、横に書くと細目になるように
している」、とおっしゃっていた。(確か・・・ちょっとあやしい)
日本語はそういう調整がはまる、奥深い字だもんなぁ。っていうか
そんなこと出来るんだ・・・なんて思いながら
わたしはきったない、けったいな字で落書きしていたのだけど
先生に「筆圧強いね」と言われてびっくりした。
自分では微塵もそんなこと思ったことがなかったからである。
むしろ人類最弱くらいに思っていた。
ただしくは、筆を持つ圧(力)が強い、ということらしい。
言われて気付いたのだけど、わたし、すっごく強く万年筆を握っていた。
いや、どのペンもそうだ。
筆圧が弱い→字が薄い→だからしっかり握って、書くようになっていた。
相変わらず字は薄いので、筆圧は弱いと思っているのだが
そうか、強いのか・・・

調整の終わった万年筆で書くに、先生はわたしの癖や強さに応じた
調整をして下さったのだと思う。

あの短時間で、向かいに座ってるから逆さなのに
癖とか分かっちゃうってすごいな、と思った。感動しきりだ。

わたしの万年筆の何が悪かったかって、「総合的に不良」っていう
なんかどうしようもない奴だったみたいだけど
もしかしたら、どうしようもないから
あんまり使われずに手放されちゃったのかなぁ、なんて思った。
だって、外観は未使用なくらい綺麗だったから。
まぁ、変な使い方してーとかもあるかもしれないけれど・・・

そう思うと
諦められていたかもしれない万年筆が
今わたしの手元にあって、しかも輝いている
っていう現実が、なんだかとっても愛おしくなった。
ん?わたしちょっとおかしいのか??

とにかく、洗浄してもいくら書いてみても
カスカスなうっすい字をかろうじて書くだけが精いっぱいだった万年筆が
潤沢なインクで、滑らかにスルスル気持ちよく書ける万年筆に変わった。
すごい。ほんとーに凄い。

万年筆は、世話のやける筆記具だ。
でも楽しい。

ボールペン使うのに「楽しんでください」ってなかなか言わないよね。
シャーペン使ってて「楽しい」ってなかなか思わないよね。

万年筆で字を書くことは楽しい。
字を書くことが楽しくなる。
万年筆を買うこと、インクを買うこと自体も楽しくなってくるけど。


posted by こはしいづみ at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

万年筆19本目/パイロット カスタム ヘリテイジ91


パイロット カスタム ヘリテイジ91
ペン先:14K ロジウム仕上げ 5号 F

91.JPG

持っている万年筆がまだ10本前後だったころ
漠然と、「万年筆は、次に買うカスタム74を最後にしよう」と思っていた。
で、CON-70だけは買って置いていた。

タガが外れたのか、今は19本もあるが
カスタム74(透明軸)買うか!と思い、ネットで色々見ていた時にふと
「あれ?これ欲しくないぞ。なんかデザイン好きじゃないじゃん。
この丸玉クリップ浮いてるし、野暮ったいなぁ」と思ってしまった。(※好みの問題)

でもカスタム74の書き味は気になるしなぁ
どうしようかなぁ、と思っている時に出会ったのが
カスタム ヘリテイジ91

このデザインは大分好き。スタイリッシュになった感じよね。
特にこの黒と銀がいい。白っぽいニブも好き。(これは74でも一緒だけど)

「使用感の少ない中古品」をお店(ネット)で見つけて購入した。
2回目のお店だったので安心してたのだけど、こいつが結構なくせもので・・・
それはペンクリの話でまた書くことにする。

重さは17gと軽いものの、CON-70を入れるとそれなりの重さに。
インクも入れると22g
重いのでキャップは外して筆記。外すと14g。

ペンクリ調整済みだから、書き味について書くのは微妙だけれども
インクフロー良好、ぬらぬらに近い書き味
でとっても気持ち良い。細字具合もいい感じ。

センチュリーサイコー!!と思っていたが
ヘリテイジ91の書き味の方が好きだ。
まぁ、センチュリーは極細な上に未調整なんで比べるのもあれだけれども。

色彩雫-「月夜」を入れて使用。
91w.JPG

posted by こはしいづみ at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
10.5.8 1007 113 1本差 2015 2016 30 リゴレット 3776 3DSLL 3G 42 43 デンジャラス リエゾン 48 アイスウォール 50/50 53 カフェ マンボ 55 ネバーランド 5本差し 630 68 ノスタルジア 74 ファッジ 80 クライベイビー 85 シャンハイブレックファースト 87 ジプシークイーン 99 ミスユーモア annasui ケース au BEAMS BETSEY JOHNSON Coldplay CON-70 Cカンパニー D フラクション D-フラクション DIME Firefox Frank GIMP GLAY GREAT VACATION G級 G級装備 HZK HZK Leather I LOVE YOUをさがしてる iPhone iPhone5 iPod nano irosizuku itunes JUMP KEORA KEORA kompozer LAMY leopard LiB CAFE LIFE! Lock, Stock and Two Smoking Barrels LTE M600 MH3G MH4 mh4g Mi MOLESKINE 限定版 バットマン ノートブック nagasawa NO ESCAPE pan PGB3000 Photoshop PILOT Platinum Pre Preppy QUOVADIS マンスリー reform SAW SkyBook Snow Leopard STILL LIFE studio The Dark Knight THE DOUBLE THE GREAT VACATION THE HIGH LOWS The Secret Life of Walter Mitty TSUTAYA U2 Vava La Vida verb Violet Hill WATERMA wifi あちゃちゅむ あやの小路 いけちゃんとぼく うつ おみおくりの作法 がま口 きっと、うまくいく これほど美しい悲劇を見たことがない ささみ さびた塊 つくしペンケース つまらない はじまりのうた ばっこう みぞおち アイアムアヒーロー アウロラ アガリクス アップデート アディクション アヌビス アベンジャーズ アメリカン・スナイパー アメリカン・ビューティー アラビアンルビー アリス・イン・ワンダーランド アルゴ アルロイドG アンダー・サスピション アーティアX アーティスタ イプシロン イベクエ イベクシャ イミテーション・ゲーム インク インディゴブルー インデペンデンス・デイ イントゥ・ザ・ウッズ エイジ・オブ・ウルトロン エグゼクティブ エニグマと天才数学者の秘密 エルバン オオナズチ オススメ オデッセイ オトモ オリーブグリーン オーダー オーロラの彼方へ カジキマグロ カジノ カスタム カスタムヘリテイジ91 カフェマンボ カラスと書き物机 カートリッジ式 ガノトトス ガルシアマルケス ガルルガX ガンス キップ ロールペンケース キノコ大好き キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン キャップ割れ キャリー キリン キングスマン キング・オブ・コメディ ギギネブラ 3連続 ギザミ ギルクエ クオバディス クライベイビー クリアキャンディ クリムゾン・リバー クリード クルトゥール クロムメタルコイル グランセ グランド・ブダペスト・ホテル コクーン コンスタンティン コンバーター コードネーム U.N.C.L.E. ゴアS ゴア・マガラ ゴーン・ガール ゴーン・ベイビー・ゴーン サファリ サプリ ザ アイシャドウ ザ・ガンマン シェーファー シネマハンドブック シャガルマガラ シャンハイブレックファースト ショーン・ペン シルバーン シンプル・シモン ジエン ジャスティスの誕生 ジュピター ジュラシック・ワールド ジョン・ウィック ジンオウX ジンオウガ ジンオウガ亜種 ジンオウガ逆鱗 スカビオサ スケルトン スターリングシルバー ステンレス ストライプ スーパーマン スーベレーン セッション セレモ センチュリー セーラー ソウルフル☆ゴールド ソフクレート ソフトバンク ゾディアス タイタンズを忘れない タルガ ダイソー万年筆 ダラ・アマデュラ ダーク・ナイト チャンプを継ぐ男 ツバメノート ツルニチソウ テンプレ ディシディア ファイナルファンタジー ディナー・ラッシュ デッドプール デラックス・コレクターズ・エディション ドイツ旅行 ドイツ語 ドキソルビシン ドラゴン タトゥーの女 ドラゴン・タトゥーの女 ナガサワ ナポレオン・ダイナマイト ナルガメイル ニュー・シネマ・パラダイス ネバーランド、夢のはじまり ネプリーグ ノートカバー ハンマー バキソ バグダッド・カフェ バス男 バットマン バベットの晩餐会 バランス バンギスX バーガンディレッド パイロット パイロット カスタム ストライプ パイロット グランセ ロジウム ブラック&レッド パチンコ パリ、テキサス パルプ・フィクション ヒッチコック ピッチ・パーフェクト ピロリ菌 ファンネル ファンボーイズ フィンチャー フライド・グリーン・トマト フランク フルフル ブナハ ブヨブヨした端材 ブラキディオス ブリッジ・オブ・スパイ ブルゴーニュ ブルゴーニュレッド プラチナ プラチナ万年筆 プラティグナム プリデスティネーション プレステージ プレラ プロフィットジュニア プロフェッショナルギア スリム ヘイズキャスター ヘルプ  心がつなぐストーリー ベン・ハー ペリカン ペリカン クラシック M200 ペンクリニック ペンケース ペンシース ボルティックワークス ボルボロス亜種 ポーチ マイ・インターン マッド・マックス マネー・ショート マレフィセント ミスユーモア ミッドナイト ムーン ミッドナイトムーン ミッドナイト・ラン ムチャチャ モレスキン モンテベルデ モンブラン モーターサイクル・ダイアリーズ ラギア ラスト・ナイツ ラブフォーペット ランサップ リオレイア亜種 リゴレット リサージェンス リッチェル リンパ腫 ルシーナ ルポ ルポ・ペンケース レア素材不要 レイトウマグロ レザー レザーカバー レディシェーファー レミゼラブル レヴェナント レ・ミゼラブル ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ ロバート・デ・ニーロ ローラー&クライナー ワイルドスピード ユーロミッション 万年筆 下位 下痢 世界の終わり、あるいは始まり 付録 俺のダンディズム 八木重吉 分度器ドットコム 剣士 剥ぎ取り達人 劇場公開版 十四才 双黒のライバル達 古龍骨 名言 嗤う分身 嘔吐 回避 団長 団長クエ 大きな太古の破片 大剣 大和 大地の龍玉 大地を穿つ剛角 大地を穿つ剛角 入手 大鹿角ノ破弾弓 太刀 完全版 宝玉 寒気立つクチバシ 尻尾 川口ドクター 忌野清志郎 怒りのデス・ロード 感動 抑うつ 抑うつ状態 抜鈎 操虫棍 改造データ 斬れ味+1 断罪の銃棍J 旧カスタム 旧バージョンダウンロード 映画 時間の旅 月に1回以上映画を観る人 村クエ上位 防具 松露 桐島、部活やめるってよ 極細 歌詞 正方形ツバメノート 江頭2:50 泣かない 消え去ること、霞の如し 深海 滝藤 賢一 火の国を訪れし危機 火山 猫 腎不全 疝痛発作 痛み 癒着 瞳の奥の秘密 砕竜の黒曜甲 秋桜 竜骨結晶 細い太古の破片 細字 緊急クエ 胃痛 胆嚢摘出 胆石症 腸閉塞 腹腔鏡下胆嚢摘出術 腺癌 色彩雫 華麗なる大逆転 蒼玉 蘇えりし者 蛇王龍の扇刃 術後服 装備 裏窓 裏表紙 西條八十 見た目 見た目装備 逆鱗 適応障害 酷評 銭ゲバ 長い太古の破片 防御力 除菌 隠しマップ 電撃 ランディープ 霞か雲か古きぞ出ずる 霧雨 食器用 スタンド 食餌 鹿弓