2014年02月01日

ピストル


レストランで
ナイフとフォークを持つ
靴のまま椅子に足を投げ出して
中味のない
馬鹿話をする
俺は
あいつを殺したんだぜ
俺は
金を奪って
俺は
クレイジーに生きる
俺は
生きる事なんてどうでもいい

おばさんパーマみたいな似合わないもじゃもじゃヘッドの黒人が
遠回しな比喩を用いて
改心したような
してないような
薄っぺらい講釈をたれる

薄っぺらいと思う事はよくあるが
薄っぺらさを見下す自分が
薄っぺらくないとは限らない

映画を借りずに生きて来られた人を見た
ほんとうに
心の底からすごいと思った

明日に向かって撃て!
素晴らしき哉人生!
スティング!
許されざる者!

古い映画が
漂着している

「映画なんて観なくても生きていけるぜ」

テーブルの上で
ナイフとフォークが踊ってる
俺は
強盗をするぜ
ヘイ!ギャルソン!おかわりを!

少しあたたかい
よく晴れた
綺麗な空気の中で
死ぬ人が死に
生きる人が生きた

映画なんて観なくても生きていけるぜ
漫画なんて読まなくても
お茶なんか濁さなくても
子供をうまなくても
シャーペンの芯を変えなくても
カレンダーをめくらなくても
音楽を聴かなくても
本を読まなくても

生きていけることばかりだ

男は選択した
レストランで
パンケーキを食べることを
女は選択した
頭の悪い男についていくことを

選択して
生きて
死んで行く 

空が青い
フォークは銀ピカ
黒人は肌が黒い
それは選べない
それらは誰にも選べない

posted by こはしいづみ at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

江頭2:50


名言って
最後の一文字のあとに
なんか、「神聖だろ」感がありませんか?
なんだろう、あのさいごのちょっとした時間の隙間。
どや?? 的な。
言ったったで、的な。
あれかな、それだけを言おうとしたんじゃなくて、前後があって
省いて、抜粋しちゃうからそうなるんだろうか。。。

今日、何気に見つけたランキングページに
「江頭2:50の名言ランキング」
っていうのがあって、見てみたら、まぁ、すごかった。

えがちゃんさんのは、どや?感がなくて
あの、体現が、あってこその、ちゃんとした自分の声で
結構ぐっときました。(たまにどや?感あるのもある)
一番気に入ったのはこれ。

闇が広がるも縮むも太陽次第。大地であろうと、人間であろうと。


どや顔で、踏み荒らして
燃やして、切って、広げて、狭めて
興して、掘って、税金かけて
区画して、権利をもって
地球上に生きてるけどさ

動物をないがしろにして
生きてるけどさ

自分が、生きてるわけじゃないよね。
自ずと、生きてきたわけじゃないよね。


ランキングじゃないけど、こんなのもあった。
背景はよくわかんないけど。

帰るなよ、家に帰るなよ!
お前が必要なんだよ!


「家に」っていうのがいいなぁ。

あとこれ。

おい! おい!
おまえはいつだって全力だったと言えるのか?
俺は言える!!!!

うん、うん、えがちゃんさんは、言えるよね。

わたしはね、言えないよ。
ずっとね、そう言えない生き方をしてきたよ。
諦めて、絶望して、諦めて、生きてきたよ。

今だって
毎日病院、大変だなぁって、サボりたくなることある。
るーさんの体調管理、るーさんの餌の管理
全力で出来てないかもしれない。
全力ってさ、息がもたないかもしれないよね。
るーさんはね、「やりすぎるな」って、言う気がするの。

でも、「全力でやった」と

言いたいと思うよ。

posted by こはしいづみ at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

枯葉の山が山なら


わからないけれど
わからないけれど
道のはしっこで
昨日息絶えた細長い生き物に
同情した
名前を聞いて
もう死んだ人なのだと理解したのだけど
その生き物は
mixiをやらない?って
言うものだから
なんて現代的なの!と
言ってみせた
その実
わからないけれど
わたしには
骨が欠落しているようで
わからないけれど
ちっとも魅力的じゃなく
あなたはもう
悲しみが千の山ほど
怒りが万の海ほど
湧きあがらないから
何も書く事がないのねと
言われてみたいのだった
ただ
罵倒されてみたいのだった

posted by こはしいづみ at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

ストライプ


キルユー
と書かれたTシャツを着て
にかにかと
あるいてる
男の子は
むかしわたしを撫でて
行った
あんなに泣いて
それなのにいまは
キルユーって
ピクルスをどけながらハンバーガーをほおばっては
もう別の
お尻を撫でてる

風が
頬を切るみたいにして
傷が
つけばいいのに

筋肉がついて
もう
ひとりで
濡れたシーツの
始末もできる
体育すわりをしてるのは
わたしだけ

キルユー
テラ
わたしのTシャツは
宇宙の模様をしている


どうしてだれも
きずつかないの
どうしてだれも
きずつけているの

いいえ
それは耳鳴りで
ひとは
ひとを蔑んでいる

スープボウルの
ちいさな取っ手や

産まれたばかりの
毛のない
ちいさなパンダ

なめくじは
いいました
わたしほど
つるつるしているものはない

木は
いいました
わたしほど
さえぎるものはない

いいえ
すべて
いみのないことばかり


ファック


筋肉は
がたついて
いる
歯は
隙間だらけ


「君が暴力でないのならなんなんだね」


 「わたしにはわかりません」


ほら
金歯が生えて
にかにかと
にせものみたい

キルユー

ファック


まちじゅうに
あふれる
汚さのむこうから

こどもがやってくる

ひれふして
しゅくふくを
世界の宝物に
くちづけを

わたしは
ことばさえ
うまないから

わらいかけもせず

わらいかけもせず





*
posted by こはしいづみ at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

硝子


この手で殺せるものは
たくさんある
両の手で掬えるものは
ひとつしかない

ことばからうまれたのに
箱はからっぽ

ことばからすてられたのに
箱はいっぱい

阿呆みたいに
口を開けてる
二人乗りの後ろの子みたいに
口をとがらせている

あのこの暴力が
ときどきわたしを走らせても

隣町の突堤で
干乾びた
細長い生き物が死んでいるのを
想像することしかできない


目を覚ます
暗い住人が
皆片足ずつ
ドッグヴィルに突っ込んで
歯を剥き出しに
している

きみに
あやまろう
わたしはとても酷いと
わたしはとても醜いと
わたしはとてもくだらないと

ぼろぼろの
刃先をあてていることを
あやまろう
ざらついた
言葉をあてていることを
あやまろう

目の前にいることを
両手を重ねて掬い上げないことを
遠くへ行くことを
あやまろう

それがまた
悲しませることを
あやまろう

価値のないものは
いつだってすぐに
糸を切って
浮遊する
から

わたしを殺すために
わたしが息をしているあいだ

きみは
自由になるといい
目をあけて
やさしい草の
生い茂る場所を
見つければいい

どうでもいいのは
わたしの内側で
それがとても汚れているから
ものが
いえなくなる

わたしを
あの細長い生き物の横に並べて
見てみればいい
わたしはそれとかわらない

なにもかわらない

だから乾かして
ブンブン回して
海に放ればいい



posted by こはしいづみ at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

hari


なにも
気付かない
あたまをさらして
きょうも
きょうが
やってきました
なにも
わかることなどなかった
じんせい

目の前を横切る猫に
「すんどめ」という
あだなをつける
転がっていくシャーペンに
「あくたい」という
なまえをつける
なまえ
せかいじゅうに
なまえをつける
そのほうが生きやすいからだと
かみさまはいいます

がいとう
そっきょう
ちくび
ニガー
たいまつ
じゅうじか

みな
わたしがつけたなまえだと
かみさまはいいます

かみさまは
ことば
という箱だけを
わたしにくれました

ひとが
ひとを
きずつける

ひとが
ころしあう

ひとが
しばる

ひとが
しょぶんする

箱はすぐにいっぱいに




かみさまは名付けました

わたしは枝で
木にはなれない

あいされているから
大木なのか
大木だから
あいされているのか

あい
それも
わたしがつけたなまえだと
かみさまはいいます

かみさま

となりに
だれかが座っていることで
わたしがしあわせだったなら
わたしはとうに
大木だったのでしょう

それでも
茶色い板の切れ目や
節くれだった年輪を
ひとつずつめくっていくことなどできないから


わたしは枝で
木にはなれない
木は枝で
いつか芽を
摘んでしまう


箱はいらない


posted by こはしいづみ at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

寄り添うタンバリン



流れるようなうたをうたいたかった
あふれる水を赦したかった
森を見せてあげたかった
脳の踊るさまや
灼ける夏の長さを
あの場所へ飛んでいく血流を教えてあげたかった
雨に殺されてしまいたかった
息をする 口を拡げ 声を戻すように
与えたかった

どれだけわたしが手を振ったか

しなやかな腕になりたかった
足りない場所に連れて行きたかった
部屋を さんばんめの部屋を
示してあげたかった
ひらかれた日を 負けたのだと思った日を
死んでも愛していたかった

あつくるしいほどの わたしはまんなかでうまれた
それは濃い 、無菌室


せかいじゅうのあしもとからうまれないわたしは
せかいじゅうのあしもとへ手を伸ばし

おまえを捨てたかった





2004年10月21日にこんなのを書いていた。(エンピツってとこで)

あれだ、昔のって、変。
いまも十分変だけど。
でも、最後の3行が好きだ。(自分で言う)


posted by こはしいづみ at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

ヨセミテ



ごらん、
世界に
たくさんの蠢きがある
春のように
起きるのを待っている

ヨセミテ
穴を
どれだけしゃべったら
ふさがるのだろう
くちびるから
ことばが尽きるのだろう
ヨセミテ

ズロースが
しなびているね

旗が
ひるがえるね


シャツのボタンを
ひとつずつはずす
すこしも
いやらしくなどないように

通りの向こう側で
しあわせそうに暮らす夫婦がいる
すこしも
まちがいなどおかさないように

かれらは
ろうじんになるんだよ
いさかいや
かくにんをくりかえして
なんの疑問も持たずに
ろうじんになるんだよ

ヨセミテ

おもっても
しかたのないことを
おもうのは
穴倉の
ねずみみたいで
羽を毟った
スパロウみたいで
不細工だ


わたしは
残像なんてみない
見ないよ
デパートを
歩かないよ
海岸など
歩かないよ
貸靴など
借りないよ

それは
残像を
見ることだから
わたしは
手をふりほどいて
走ろうとおもう

ジャブジャブ鳥が
かっさらっていくみたいにして

意気揚々と
顔をあげようとおもう


いつか
嘴がやってきて
眼を
ついばむから

いつか
机の上に忘れた指が動き出して
吐き出してくれるから


だいじょうぶ




posted by こはしいづみ at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

++




まばたきが愛らしくできるように
はなすことを
じょうずにできたらいい
鼻水がきれいにすすれるように
書くことを
じょうずにできたらいい
料理をじょうずにできたらいい
腰をじょうずにふれたらいい


あいされたいと
おもったのなら
しあわせだった
こともあるはず
だれかを
ひっきりなしにもとめて
しあわせを
かんじたこともあるはず

だから
耐えられないのじゃなくて


わたしは
愛想笑いしかできない
わたしがきらい

恋人をきずつける
わたしがきらい

恋人の眉尻をさげる
わたしがきらい

それがきっと
耐えられない

恋人の痛い手
恋人の吐き気
恋人の
所在ないこぶし

わたしは
あいしてるをじょうずにあらわせない
わたしがきらい

それがなにか
しってしまってるのに

わたしは思います
こいびとを
わたしのぜんぶにしてしまいたい と
骨や
血や
思い出や
音楽や

わたしは
ぜんぶになりたいと

わたしはすこしだけしっています
こいびとを
ぜんぶ
わたしのものにはできないと
(はじめからわかっていたことです)

だけどそれが
耐えられないのじゃなくて


くるしい
舌をなめとって
しまうから
這いつくばって
しまうから

わたしは
ぐちゃぐちゃのことばを
ちらかったないぞうを
ごうよくなむねのなかを
いつか
みせてあげたいとおもう
ぐちゃぐちゃな
からだをひらいて
ぜんぶ
みせてあげたら
あいしてるは
じょうずにつたわるんだとおもう

だって
わたしはひとつなのに
こいびとは大木で
わたしは枝きれで
だって
わたしさえも
いらないくらいに
ここにある


怒りが
とてもまっすぐに
よんでいます

わたしはまわりながら
そこへいく
あたまをさしだして
泣く
恋人をぐちゃぐちゃにする
わたしがきらいだから





posted by こはしいづみ at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

消えないあなた

 

 
 今日
 雨ざらしの
 自転車を拾った
 明日あたしは
 犬を
 捨てにいく

 ひとが持てるものは限られている

 
 今日
 野蛮で痛くて大嫌いだったはずの
 ボクシングを見た
 内藤と亀田が殴りあう
 3分間を12回も
 くりかえす
 くりかえされる
 暴力と
 暴力の只中にあるかもしれない
 美しさ
 鼻が曲がる内藤
 瞼が腫れる内藤
 謝る内藤
 なんて
 小さなからだ
 泣きたくなった
 それから興奮した
 殴って
 殴られつづけて
 あやまる内藤
 は
 内藤の
 中に
 内藤を作り
 内藤を
 持ちきれなかったので
 謝った

 今日
 橋の上で
 卵を落としました

 今日
 電車で
 薄皮を剥ぎました

 すこしずつ
 よるが終わる前に
 あたしに
 整形するだけの時間をください
 内藤の顔が元に戻る前に
 あたしに
 詩が書けるだけの時間をください
 チキン南蛮の作り方を教えてください
 ブラジャーのサイズを教えてください

 底を
 いつまでも掻きまわすのですって
 やってみて
 あたしは
 内藤を持ちました
 あたしは
 老廃物を持ちました
 重たいので
 バットにひろげてみます
 耐熱のやつです

 あたしが忘れられるものは
 たくさんここにひろげられる
 から
 それをあなたに
 みていてもらいたい


 ひとが持てるものは限られている

 から

 バットにひろげた
 それらを 
 ずっと
 この先も
 みせてあげたい
 あなたが
 眉をしかめても
 笑っても
 笑わなくても
 平気でも
 大丈夫じゃなくても

 あたしは
 内藤を消す
 あたしは
 詩を消す
 映画を消す
 良き隣人を消す
 こどもを消す
 おもちとチャイを消す

 そうして
 消えないものが
 ただひとつだけ
 あるく
 あたしの喉元
 あたしの鎖骨
 あたしの薄いでっぱり
 を
 手を繋ぎながら
 
 空が
 とても高いよ
 ねぇ
 内藤が負けたよ
 じゃがいもをたくさん蒸かしたよ
 花を踏んだよ
 猫を轢きそうになったよ
 ねぇ
 消えない場所が
 いつまでも光ってる







う〜〜ん。。
ちょっと不完全燃焼。。

ゴル、次のお題はいつにしようかなぁ。
お題はもう決まってます。
ずーーっと前から、いつか一位になったらこれにしようって
思ってるのがあって。
「壺のような日」もいいかなぁとちょっと揺らぎはしたけども。


posted by こはしいづみ at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
10.5.8 1007 113 1本差 2015 2016 30 リゴレット 3776 3DSLL 3G 42 43 デンジャラス リエゾン 48 アイスウォール 50/50 53 カフェ マンボ 55 ネバーランド 5本差し 630 68 ノスタルジア 74 ファッジ 80 クライベイビー 85 シャンハイブレックファースト 87 ジプシークイーン 99 ミスユーモア annasui ケース au BEAMS BETSEY JOHNSON Coldplay CON-70 Cカンパニー D フラクション D-フラクション DIME Firefox Frank GIMP GLAY GREAT VACATION G級 G級装備 HZK HZK Leather I LOVE YOUをさがしてる iPhone iPhone5 iPod nano irosizuku itunes JUMP KEORA KEORA kompozer LAMY leopard LiB CAFE LIFE! Lock, Stock and Two Smoking Barrels LTE M600 MH3G MH4 mh4g Mi MOLESKINE 限定版 バットマン ノートブック nagasawa NO ESCAPE pan PGB3000 Photoshop PILOT Platinum Pre Preppy QUOVADIS マンスリー reform SAW SkyBook Snow Leopard STILL LIFE studio The Dark Knight THE DOUBLE THE GREAT VACATION THE HIGH LOWS The Secret Life of Walter Mitty TSUTAYA U2 Vava La Vida verb Violet Hill WATERMA wifi あちゃちゅむ あやの小路 いけちゃんとぼく うつ おみおくりの作法 がま口 きっと、うまくいく これほど美しい悲劇を見たことがない ささみ さびた塊 つくしペンケース つまらない はじまりのうた ばっこう みぞおち アイアムアヒーロー アウロラ アガリクス アップデート アディクション アヌビス アベンジャーズ アメリカン・スナイパー アメリカン・ビューティー アラビアンルビー アリス・イン・ワンダーランド アルゴ アルロイドG アンダー・サスピション アーティアX アーティスタ イプシロン イベクエ イベクシャ イミテーション・ゲーム インク インディゴブルー インデペンデンス・デイ イントゥ・ザ・ウッズ エイジ・オブ・ウルトロン エグゼクティブ エニグマと天才数学者の秘密 エルバン オオナズチ オススメ オデッセイ オトモ オリーブグリーン オーダー オーロラの彼方へ カジキマグロ カジノ カスタム カスタムヘリテイジ91 カフェマンボ カラスと書き物机 カートリッジ式 ガノトトス ガルシアマルケス ガルルガX ガンス キップ ロールペンケース キノコ大好き キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン キャップ割れ キャリー キリン キングスマン キング・オブ・コメディ ギギネブラ 3連続 ギザミ ギルクエ クオバディス クライベイビー クリアキャンディ クリムゾン・リバー クリード クルトゥール クロムメタルコイル グランセ グランド・ブダペスト・ホテル コクーン コンスタンティン コンバーター コードネーム U.N.C.L.E. ゴアS ゴア・マガラ ゴーン・ガール ゴーン・ベイビー・ゴーン サファリ サプリ ザ アイシャドウ ザ・ガンマン シェーファー シネマハンドブック シャガルマガラ シャンハイブレックファースト ショーン・ペン シルバーン シンプル・シモン ジエン ジャスティスの誕生 ジュピター ジュラシック・ワールド ジョン・ウィック ジンオウX ジンオウガ ジンオウガ亜種 ジンオウガ逆鱗 スカビオサ スケルトン スターリングシルバー ステンレス ストライプ スーパーマン スーベレーン セッション セレモ センチュリー セーラー ソウルフル☆ゴールド ソフクレート ソフトバンク ゾディアス タイタンズを忘れない タルガ ダイソー万年筆 ダラ・アマデュラ ダーク・ナイト チャンプを継ぐ男 ツバメノート ツルニチソウ テンプレ ディシディア ファイナルファンタジー ディナー・ラッシュ デッドプール デラックス・コレクターズ・エディション ドイツ旅行 ドイツ語 ドキソルビシン ドラゴン タトゥーの女 ドラゴン・タトゥーの女 ナガサワ ナポレオン・ダイナマイト ナルガメイル ニュー・シネマ・パラダイス ネバーランド、夢のはじまり ネプリーグ ノートカバー ハンマー バキソ バグダッド・カフェ バス男 バットマン バベットの晩餐会 バランス バンギスX バーガンディレッド パイロット パイロット カスタム ストライプ パイロット グランセ ロジウム ブラック&レッド パチンコ パリ、テキサス パルプ・フィクション ヒッチコック ピッチ・パーフェクト ピロリ菌 ファンネル ファンボーイズ フィンチャー フライド・グリーン・トマト フランク フルフル ブナハ ブヨブヨした端材 ブラキディオス ブリッジ・オブ・スパイ ブルゴーニュ ブルゴーニュレッド プラチナ プラチナ万年筆 プラティグナム プリデスティネーション プレステージ プレラ プロフィットジュニア プロフェッショナルギア スリム ヘイズキャスター ヘルプ  心がつなぐストーリー ベン・ハー ペリカン ペリカン クラシック M200 ペンクリニック ペンケース ペンシース ボルティックワークス ボルボロス亜種 ポーチ マイ・インターン マッド・マックス マネー・ショート マレフィセント ミスユーモア ミッドナイト ムーン ミッドナイトムーン ミッドナイト・ラン ムチャチャ モレスキン モンテベルデ モンブラン モーターサイクル・ダイアリーズ ラギア ラスト・ナイツ ラブフォーペット ランサップ リオレイア亜種 リゴレット リサージェンス リッチェル リンパ腫 ルシーナ ルポ ルポ・ペンケース レア素材不要 レイトウマグロ レザー レザーカバー レディシェーファー レミゼラブル レヴェナント レ・ミゼラブル ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ ロバート・デ・ニーロ ローラー&クライナー ワイルドスピード ユーロミッション 万年筆 下位 下痢 世界の終わり、あるいは始まり 付録 俺のダンディズム 八木重吉 分度器ドットコム 剣士 剥ぎ取り達人 劇場公開版 十四才 双黒のライバル達 古龍骨 名言 嗤う分身 嘔吐 回避 団長 団長クエ 大きな太古の破片 大剣 大和 大地の龍玉 大地を穿つ剛角 大地を穿つ剛角 入手 大鹿角ノ破弾弓 太刀 完全版 宝玉 寒気立つクチバシ 尻尾 川口ドクター 忌野清志郎 怒りのデス・ロード 感動 抑うつ 抑うつ状態 抜鈎 操虫棍 改造データ 斬れ味+1 断罪の銃棍J 旧カスタム 旧バージョンダウンロード 映画 時間の旅 月に1回以上映画を観る人 村クエ上位 防具 松露 桐島、部活やめるってよ 極細 歌詞 正方形ツバメノート 江頭2:50 泣かない 消え去ること、霞の如し 深海 滝藤 賢一 火の国を訪れし危機 火山 猫 腎不全 疝痛発作 痛み 癒着 瞳の奥の秘密 砕竜の黒曜甲 秋桜 竜骨結晶 細い太古の破片 細字 緊急クエ 胃痛 胆嚢摘出 胆石症 腸閉塞 腹腔鏡下胆嚢摘出術 腺癌 色彩雫 華麗なる大逆転 蒼玉 蘇えりし者 蛇王龍の扇刃 術後服 装備 裏窓 裏表紙 西條八十 見た目 見た目装備 逆鱗 適応障害 酷評 銭ゲバ 長い太古の破片 防御力 除菌 隠しマップ 電撃 ランディープ 霞か雲か古きぞ出ずる 霧雨 食器用 スタンド 食餌 鹿弓