2011年07月22日


きみが かぜにあたって タバコを吸う 窓枠を 想像したことがある
きみが 父親の顔をして ソファに座る 橙の灯りを 想像したことがある
きみが カートを押す 日曜日
きみが 着いた駅
さようなら
またあした
また来週
手が
離れては
繋がって
行き交わない
電線で
繋がって

きみがなびく 夕凪を見てた
きみが覆う 海にいた
わたしは
海にいた

生きないことに
慣れたからだ
はじまりの
はじまりがきて

お母さんにも
妻にも嫁にも
ならないけれど

窒息を
繰り返したからだのさいごに
書くことの 破片を残して

たくさんの水の上に 立っている
あきらめた舟を泳いでいる

きみと手を繋ぎ 夜を歩く
きみと笑って 家に帰る
きみと繋がって ベッドで眠る

きみのとなり
きみのなか

夕凪に 生えた ふたりが 死ぬまで 生きて

きみが いっぱいの からだ



----------------------------------------------------


昨日、「ブラジリアンワックス」をしてきました。
日本では未だに、「処理しない奥ゆかしさ」みたいなものが
あるようなんですが、これは絶対やったほうがいい!!と思いました。
もう、感動ですよ。つるつるすべすべで、清潔で。
あ、ワックスをつけて、べりっといくわけなので、
かーなーり痛いですけどね(個人差あり)
仕上がりの、きれいさを見たら、もうやめられないです。これはすごい。
式の前に、すっきりさっぱりしたいと言ったら、彼に笑われましたけど。
明日は、挙式。
なんだか変な感じです。「結婚なんて、紙切れ一枚の変な制度。
好きで一緒にいたけりゃ、そんなん度外視で一緒にいればいいじゃん。」
そう、思ってたのに・・ましてや式なんて、すること無いと思ってたのに・・

posted by こはしいづみ at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

5/6


半年ほど前、猫を一匹亡くしました。わたしにしか懐かない黒猫です。
リンパ腫だろう、ということでしたが、結局のところの原因は曖昧なままでした。
色々併発もしていたようです。

たくさん針を刺されました。
最初に行った病院はとても嫌いなようでした。、
(ずっと使っていた病院でしたが、先生たちがほぼ入れ替わっていました)
自宅で点滴を数回だけしましたが、ビタミンを途中で投与すると
とてもしみるようで、ものすごく嫌がりました。
病院でストレスを感じるよりは、と思ったわたしでしたが
弱った身体で力を振り絞って嫌がる黒猫を見るのは、精神的にかなり辛かったです。
針で穴だらけ、血の点々があちこちに出来、静脈注射で腕は腫れる。
ただ苦しみを伸ばして、「生かせてしまっているだけ」ではないかと思いました。
安楽死を考えました。
それでも、不信感をおぼえていた病院から
飛び込みで駆け込んだふたつめの病院の熱心な先生たちに支えられ、
なんとか治療を続けました。

黒猫は、肺にたまった血と水を抜いたその夜家に帰り、
わたしと彼の見てる目の前で息を引き取りました。
それは、壮絶な最期だったと言っていいと思います。


今日、猫を一匹亡くしました。
腎不全でした。
まんまるでくりっと大きな目をした茶猫です。
最期を看取ってやる事は出来ませんでした。
死後硬直のはじまった身体はのけぞり、とても苦しんだのだと思います。

猫の慢性腎不全は非常に多く、老猫の、約3匹に1匹はかかるとも言われています。
今日、ひとりで逝ってしまった茶猫は、老猫と呼ぶにはまだ早い年齢でしたが
病院に行き始めて6日目
早すぎる死でした。

もっと早くに気付いてあげられたと思います。
猫の腎臓は、その機能の75%が失われるまで、あまり症状をあらわさないという
非常に厄介なもののようです。
そんな我慢強さ、いりませんよね。
実際は、数ヶ月前から徐々に痩せてきてはいました。
ただ、とても元気で、歳を重ねていくせいだと楽観していました。

黒猫が亡くなった時
楽にしてあげられなくてごめんねとあやまりました。
茶猫が亡くなった時
ひとりで逝かせてしまってごめんねとあやまりました。

もっと頑張らせてあげられたかもしれない
もっと何か出来たかもしれない
もう頑張らなくていいと、瞼をおさえてやれたかもしれない
もっと早くに気付いていれば
もっとこうしていれば

どう亡くしたのだとしても、きっとなにかしらあやまり、後悔し、自分を責め
そばでただ泣くのだと思います。

機能を失った腎臓は回復しない。点滴で尿(毒素)を出すようにし、
腎臓に負担のかからない療養食を与え、点滴に通い続ける。
腎不全でも、長生きする子もいるようです。
余命宣告を大幅に超える子もいるようです。

茶猫は、手の施しようがなかったのでしょう。
BUN140以上(測定不能) クレアチニン9.3
調べる限り、末期だったと思います。

点滴で、少し回復したかのように見えた日もありました。
ベランダの床に身体をこすりつけ
大好きな猫に毛づくろいをせがみ
姿をたくさん見せてくれていました。
最後の日は、息も絶え絶え、それでも荒く、異音がし
もうよたよたで立つこともままならない足を踏ん張り
洗濯機の下、浴槽の下へと隠れました。
その日が最期だと確信しました。
それでも看取ってやれなかった。

正直、わたしはとても怖かった。
黒猫の、苦しむ死に様を見たから。
でも、なにをおいても、看取ってあげるべきだった。
それが、死を予期して姿を消す猫に対して
ただの自己満足なのだとしても。

今朝、体を拭き、ボサボサだった茶色の毛を撫でていました。
もうボサボサではありません。
玄関のチャイムが鳴り、荷物が届きました。
何か出来る事はないか、と藁にもすがる思いで買った「H4O水素水」というものでした。
(腎不全に効果があるとされている、サプリメントのような位置づけのもの)
効果があるかどうかは未知数でしたが、遅かったと、泣きました。

今日は夕方から火葬です。
猫の骨壷が増えていきます。

黒猫の時は一日会社を休み、ただただそばに寄り添っていました。
今日は半休で会社に出ました。

愛情の差ではありません。
慣れでもない。
最期を看取ったかどうかなのかもしれません。
ただ、別れのその時まで、そばに寄り添っていたかったと、今後悔しています。


「虹の橋」という話(詩)を読みました。
この地上でだれかと愛し合って亡くなった動物がいく、天国のような場所で
そこは幸せにあふれ、傷ついたものも、病気で弱っていたものも、
元の元気な姿でいるそうです。
ただひとつ、残してきてしまっただれかが居ない寂しさを抱え。

そしていつか、そのだれかと出会う時が来、一緒に虹の橋を渡るそうです。

わたしは思います。
彼らは待っていてくれるだろうかと。
彼らは怒ってはいないかと。

それでもいい。
怒っていても、恨んでいてもいい。
待っていてくれれば。

いつか、彼と手をつなぎ、そこを訪れ
会うことが許されればと。

(それは猫たちにも、やきもち焼きの彼にも、どっちにも)



虹の橋
ラベル:猫 腎不全
posted by こはしいづみ at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

ハカリ


やわらかなお麩を
もっている人がいます
たくさんもらいます
内側を
やわらかくしなきゃならないから
鯉のように口を開けて

足りないと思う
零しているのだと
別の子にあげたのだと
思う
こどもに罪はないと思う
自分が暴力なのだと思う

ほんとうに?
いくらも零さなかった?
罪はないって
ほんとうに思う?

コイ
お前が
穴だらけなだけなんだよ


お麩を持つ
華奢な指がわらう

わたし
穴だらけなことも
とても弱いことも
とても小さいことも
罪はないことも
知ってました

どうして
やわらかさは
とどかないのだろう

みすぼらしい
100ブロックで
ここまで生きてみたけど
ただ
きみの
100ブロックが
ぜんぶ
わたしのものであればいいなって思うのは
いけないこと

きみが
わらう
どこかで花は枯れ、人は死に、壁が汚れ、木が燃える
連ならない
連鎖が
否応なしに
呼ぶんだ
わたしの背中を叩いて
タンスをこじあけ
低い山を見せては
呼ぶんだ
とめどない
感情に疲れ
願いをやめる
飛ぶんだ
中身のない
空の体が
みすぼらしい風体で
足りない
足りすぎている
振動
揺れていない
飛ぶんだ
薄い皮を
いつまでもめくれると錯覚して

手をひろげても
平行になど
あるけないのに
わたしはきみを
からっぽのからだにいれたくて
しかたがないんだ


posted by こはしいづみ at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

チェック


どこかの天井に
クリムトの
絵がある

黄色
いや
あれはクリムトだったのか
ほんとうは
よくしらない

しらないひとたちの
ベッド

やがて
斜向かいのベッドで寝たきりの彼女に
おめでとうございます

手渡される
世界の
なりやまない拍手

もしもわたしが
こどもをなくしていても
もしもわたしが
点滴まみれでも

世界は一度塗り直される

もしもあなたが
冷たいひとだったなら
朝にはあたたかく
塗りかわったのだろうか

もしもあなたが
詩を書くひとだったなら
新しい重みで
詩を書くことをしなくなったのだろうか


母親に
尊重のマーチ
子供に
尊さのファンファーレ

遠い感情を
さわりにいくことほど
無意味なものはない

あなたが
あなたのために
道に花を植えていくのでも
よしんばそうではないとしても

とびおりた
わたしには

いみのないこと



*
posted by こはしいづみ at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

メモ


心を整理する為のメモ


わたしは
どうして靄を
取り除くことができないのだろう
だれかの
苦しみの為か
だれかの
傷の為か
彼の
失うものの所為か
偽善だ
わたしはそんなにやさしい人間じゃない
わたしはそれほどできた人間じゃない
では
なぜ靄は晴らせない

見えるものが
あまりにもくだらなくて
すべてあきらめていたことがある
「くだらないものが多すぎる」
そう吐き捨てられる自分は
しっぱいなんだろうと思った
生きている事も、終えるのだとしたら、それ自体も
しっぱいだったんだろうと

いま
信じているものが
ひとつだけある
莫大な
わたしの知り得るすべてと
それを凌駕する知り得ないすべてを
覆い尽くすほどの
ただひとつ
わたしはそれだけで生き、死ぬのだろう
対称が
例えばいつか
わたしを
見なくなったのだとしても
それだけで死ぬのだろう

いまここに
ただまっすぐな
感情がある
ただ強い
感覚がある
それが
すべてだ
なにも怖いものはない
なにも不安なことはない
なにも疑うものはない

わたしは臆病なのか
殊勝なふりをしたいだけなのか
彼を
苦しめていると
思わずにいられないだけなのか

ただ
道を

ただ
ここにはしあわせしかなくて
ただ
想いだけが
しんじつだ

posted by こはしいづみ at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



なにかをうみたくて
絞り出したものに
血が
あまりにも濃くうつっていて
もう
見ることができなくなる
捨てる
消す
あまりにも簡単に
両腕で
つつみきれないほどに
人を傷つけたんだろう
なにもいらなくて
ただひとついがいは
なにものでもなくて

ねむれずに
まっている
爪が
割れてしまうのを
皮膚が
爛れてしまうのを
朝が
くるのを
だれにもあやまらず
まっている



posted by こはしいづみ at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

10月3日



海へゆきました
等間隔に
並ぶ釣り人
きょうは土曜日
釣り人は
釣りをします
むこうがわに
キリンの重機が揺れていました
ビルの明かりがゆらゆらと明滅し
それはわたしが泣いているからだと
気付きます
手には
ことばと詩をもって
釣り人をものともせず
わたしは泣きました
大好きな海で
いつか連れて来たい
ひとを想って

わたしは
どれくらいあなたをしっているのだろう
どれくらいあなたにふれているのだろう
ふれられない
機微があるとしたら
それもいいとおもう
いつかかわってしまうものがあるなら
それもいいとおもう
(それはかなしいことだけれど)
だれにもうばえないものは
かくじつにある
から
しばれはしない

ただ
わたしはいつも
あなたをおもっているだろう

どんなにくるしいことがあったとしても
あなたがいれば
わらえるだろう

あなたといれば
ただそれで、しあわせだろう

それらをずっと
かわらずにもっているんだと
きょう
そんなことを
あらためておもった

だいとうりょうが
わたしをきにいってくれなくたって
すこしもかまわない
だれかがうしろゆびさして
なにかいったとして
それはおなじこと
ふたりで石を積む
それは
ふたりにしかできない
お腹が冷えたら
わたしが撫でて
心臓の音を聞く
海が見たくなったら
食料を買い込んで
海に行く
空の
移り変わりを見る
公園で
ただ手を繋ぎ
ただ隣に座ってる
しぬまでは
やってみる
それだけ
それだけのこと
ふたり
しぬまでは
やってみる

海へゆきました
風が
とても冷たくて
震えていました
それは
わたしが泣いているからなのか
寒いからなのか
橋のてっぺんで
速度をゆるめ
見晴らしのいい
景色をながめる
すこしまえ
そこから簡単に
飛び込める
気がしていた
あいかわらずきれいな景色を見ながら
いつか
彼とここを通るとき
そんなことがあったと
笑って話す
日をおもう


おやすみ

ありがとう

痛かった
苦しかった
あなたの日々
ありがとう



posted by こはしいづみ at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

「いけちゃんとぼく」は結構いいよ



感覚が
死んでいるから
どこにでも行ける
みずがずっと
したたり落ちている
感覚が目覚めはじめると
苦しさで
動けなくなる
いつまでも届かないみずが
しみている


ミシン糸ほどの糸でも
縛れはしないけれど

いかないで
わすれないで
いて
わらっていて








ああ、
歩き方が、わからなくなるほどに
あたまのなかがぐちゃぐちゃだ。
お互いに
好きでいて
ただ好きでいたいだけなのに
それはできなくて
なんて、悲劇なんだろうって
さ。
お互いを想って、答えを出してみりゃ
誠実すぎて
なんて悲劇なんだって。
でも、なんか、超越するときが、くるんでしょ。
きっと、たぶん。
いまは死んでる感覚が
なんとなくそれを知ってるよ。


さようなら、さいごの恋人。
わたしたち、とても短い恋をしたの。

って、それじゃ「いけちゃん」だな。


posted by こはしいづみ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

提出



即興ゴルコンダ
お題提出ーーーーーーー
ふふ。難しいぞー。 と、楽しむ。


お酒の席で失敗したことが、何回かあるのだけど
もういい大人になってからは、無いに等しくて
それが今日、やってしまって、かなり自己嫌悪。。

でも、優しいよね、人って。優しい人はいっぱいいる。
そいで、明日は謝りたおさなきゃだな。
もう、ビールは飲みません。ごめんなさい。ありがとう。



posted by こはしいづみ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

NO ESCAPE


思考がぐちゃぐちゃだ。

進んでいかない、心地よさがあって
今はあいまいな、のりしろが必要で

それじゃあダメなんだろうか。
しんどいのも、苦しいのもわたしの勝手で
それじゃあダメなんだろうか。

だれだってきっと、気持ちはかわっていく。
今日と明日でも、違う顔をする。
やさしさが、虚をつく。

それでも止まらないから、もう少しだけ、このままでいさせてよ。

あーーーーーーーーーーーーーーーー
どうしたいんだろう。
どうなりたいんだろう。











ゴル、久しぶりに1位になったので、お題考え中。
月曜か火曜には出せるかなーー。
微妙な1位だけど嬉しい。

posted by こはしいづみ at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
10.5.8 1007 113 13 エンゲージド 1本差 2015 2016 2018 21 ラブアフェア 24 30 リゴレット 31 タイニーシェル 3776 3DSLL 3G 42 43 デンジャラス リエゾン 48 アイスウォール 50/50 53 カフェ マンボ 55 ネバーランド 5本差し 63 トリュフ 630 68 ノスタルジア 74 ファッジ 80 クライベイビー 85 シャンハイブレックファースト 87 ジプシークイーン 94 シャングリラ 99 ミスユーモア annasui ケース au BEAMS BETSEY JOHNSON Coldplay CON-70 Cカンパニー D フラクション D-フラクション DIME father Firefox Frank GIMP GLAY GREAT VACATION G級 G級装備 HZK HZK Leather I LOVE YOUをさがしてる iPhone iPhone5 iPod nano irosizuku itunes JUMP KEORA KEORA kompozer LAMY leopard LiB CAFE LIFE! Lock, Stock and Two Smoking Barrels LTE M600 MH3G MH4 mh4g Mi MOLESKINE 限定版 バットマン ノートブック nagasawa NO ESCAPE pan PGB3000 Photoshop PILOT Platinum Pre Preppy QUOVADIS マンスリー reform SAW SkyBook Snow Leopard STILL LIFE studio SUQQU The Dark Knight THE DOUBLE THE GREAT VACATION THE HIGH LOWS The Secret Life of Walter Mitty the yellow monkey This is me TSUTAYA U2 Vava La Vida verb Violet Hill WATERMA wifi あちゃちゅむ あやの小路 いけちゃんとぼく うつ うつ病 おっさんずラブ おみおくりの作法 がま口 きっと、うまくいく これほど美しい悲劇を見たことがない ささみ さびた塊 つくしペンケース つまらない はじまりのうた ばっこう みぞおち アイアムアヒーロー アイカラークォード アイシャドウ アウロラ アガリクス アップデート アディクション アヌビス アベンジャーズ アメリカン・スナイパー アメリカン・ビューティー アラビアンルビー アリス・イン・ワンダーランド アルゴ アルロイドG アンダー・サスピション アーティアX アーティスタ イエモン イプシロン イベクエ イベクシャ イミテーション・ゲーム インク インディゴブルー インデペンデンス・デイ イントゥ・ザ・ウッズ エイジ・オブ・ウルトロン エグゼクティブ エニグマと天才数学者の秘密 エルバン オオナズチ オススメ オデッセイ オトモ オリーブグリーン オーダー オーロラの彼方へ カジキマグロ カジノ カスタマイズ カスタム カスタムヘリテイジ91 カフェマンボ カラスと書き物机 カートリッジ式 ガノトトス ガルシアマルケス ガルルガX ガンス キップ ロールペンケース キノコ大好き キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン キャップ割れ キャリー キリン キングスマン キング・オブ・コメディ ギギネブラ 3連続 ギザミ ギルクエ クオバディス クライベイビー クリアキャンディ クリスマス アイシャドウ コンパクト クリムゾン・リバー クリード クルトゥール クロムメタルコイル グランセ グランド・ブダペスト・ホテル グレイテスト ショーマン コクーン コンスタンティン コンバーター コードネーム U.N.C.L.E. ゴアS ゴア・マガラ ゴールデン・サークル ゴーン・ガール ゴーン・ベイビー・ゴーン サファリ サプリ ザ アイシャドウ ザ アイシャドウ ザ・ガンマン シェーファー シネマハンドブック シャガルマガラ シャンハイブレックファースト ショーン・ペン シルバーン シンプル・シモン ジエン ジャスティスの誕生 ジュピター ジュラシック・ワールド ジョン・ウィック ジンオウX ジンオウガ ジンオウガ亜種 ジンオウガ逆鱗 スカビオサ スケルトン スターリングシルバー ステンレス ストライプ スーパーマン スーベレーン セッション セレモ センチュリー セーラー ソウルフル☆ゴールド ソフクレート ソフトバンク ゾディアス タイタンズを忘れない タルガ ダイソー万年筆 ダラ・アマデュラ ダーク・ナイト チャンプを継ぐ男 ツバメノート ツルニチソウ テンプレ ディシディア ファイナルファンタジー ディナー・ラッシュ デッドプール デラックス・コレクターズ・エディション トムフォード ドイツ旅行 ドイツ語 ドキソルビシン ドラゴン タトゥーの女 ドラゴン・タトゥーの女 ナガサワ ナポレオン・ダイナマイト ナルガメイル ニュー・シネマ・パラダイス ネバーランド、夢のはじまり ネプリーグ ノートカバー ハンマー バキソ バグダッド・カフェ バス男 バットマン バベットの晩餐会 バランス バンギスX バーガンディレッド パイロット パイロット カスタム ストライプ パイロット グランセ ロジウム ブラック&レッド パチンコ パリ、テキサス パルプ・フィクション パワハラ パール ヒッチコック ピッチ・パーフェクト ピロリ菌 ファンネル ファンボーイズ フィンチャー フォトシンセックス フライド・グリーン・トマト フランク フルフル ブナハ ブヨブヨした端材 ブラキディオス ブリッジ・オブ・スパイ ブルゴーニュ ブルゴーニュレッド プラチナ プラチナ万年筆 プラティグナム プリデスティネーション プレステージ プレラ プロフィットジュニア プロフェッショナルギア スリム ヘイズキャスター ヘルプ  心がつなぐストーリー ベルリン・天使の詩 ベン・ハー ペリカン ペリカン クラシック M200 ペンクリニック ペンケース ペンシース ボルティックワークス ボルボロス亜種 ポーチ マイ・インターン マッド・マックス マネー・ショート マレフィセント ミスユーモア ミッドナイト ムーン ミッドナイトムーン ミッドナイト・ラン ムチャチャ メアリー&マックス メイクパレット L モレスキン モンテベルデ モンブラン モーターサイクル・ダイアリーズ ラギア ラスト・ナイツ ラブフォーペット ランサップ リオレイア亜種 リゴレット リサージェンス リッチェル リンパ腫 ルシーナ ルビー・スパークス ルポ ルポ・ペンケース レア素材不要 レイトウマグロ レザー レザーカバー レディシェーファー レミゼラブル レヴェナント レ・ミゼラブル ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ ロバート・デ・ニーロ ローラー&クライナー ワイルドスピード ユーロミッション 万年筆 下位 下痢 世界の終わり、あるいは始まり 付録 俺のダンディズム 傷病手当 八木重吉 分度器ドットコム 剣士 剥ぎ取り達人 劇場公開版 十四才 双黒のライバル達 古龍骨 名言 和訳 嗤う分身 嘔吐 回避 団長 団長クエ 大きな太古の破片 大剣 大和 大地の龍玉 大地を穿つ剛角 大地を穿つ剛角 入手 大鹿角ノ破弾弓 天才スピヴェット 太刀 女性ホルモン 完全版 宝玉 寒気立つクチバシ 就職困難者 尻尾 川口ドクター 忌野清志郎 怒りのデス・ロード 感動 抑うつ 抑うつ状態 抜鈎 操虫棍 改造データ 斬れ味+1 断罪の銃棍J 旧カスタム 旧バージョンダウンロード 映画 春田 創一 時間の旅 月に1回以上映画を観る人 村クエ上位 防具 松露 林遣都 桐島、部活やめるってよ 極細 歌詞 正方形ツバメノート 江頭2:50 泣かない 消え去ること、霞の如し 深海 減薬 滝藤 賢一 火の国を訪れし危機 火山 無印良品 牧 凌太 猫 腎不全 田中圭 疝痛発作 痛み 癒着 瞳の奥の秘密 砕竜の黒曜甲 秋桜 竜骨結晶 細い太古の破片 細字 緊急クエ 肋骨 胃痛 胆嚢摘出 胆石症 腸閉塞 腹腔鏡下胆嚢摘出術 腺癌 色彩雫 華麗なる大逆転 蒼玉 蘇えりし者 蛇王龍の扇刃 術後服 装備 裏窓 裏表紙 西條八十 見た目 見た目装備 詰め替え 逆鱗 適応障害 酷評 銭ゲバ 長い太古の破片 防御力 除菌 隠しマップ 電撃 ランディープ 霞か雲か古きぞ出ずる 霧雨 食器用 スタンド 食餌 骨折 鬱病 鹿弓