2018年07月07日

パール


唐突にイエモンの話を。

「パール」といううたがあって、それが大好きだ。
「Father」も捨てがたいが、「パール」がイエモンの中で
一番好きなうたかもしれない。

因みに「Father」のハイライトはここ

 どこの空も夕日はキレイさ星空もキレイさ
 本当だよ Father
 今僕は奇跡のかけらの指輪を探してる
 どこにも売ってない
 もしも僕がただの灰になっても
 嘆かないでFather
 愛してるよFather


「パール」の一番好きなとこはここ

 夜よ負けるなよ朝に負けるなよ
 何も答えが出てないぢゃないか

なんかここ聴くと(&歌うと)泣きそうになる。
なんでだろう。いつも泣きそうになる。
好きだな。


パール(即興雑記ver)

しゅわしゅわの泡のなかに
パールが一粒こぼれている
わすれたいのに
わたしは忘れられなかった
夜の渦に
溶けていくものが
ひとつだけ残ったそれを
頑なに映しつづけた
夜がゆく
朝がくる
パールが一粒こぼれている




posted by こはしいづみ at 10:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

This is me


グレイテスト・ショーマンを観た。
感想はまた書くとして
うたにドはまりしてしまったのでうたの話を。

「The Greatest Show」も大好きなうたなんだけど
うつのわたしには「This is me」が
刺さりすぎるほど刺さるので
和訳を載せてみる。
映画の翻訳に近いバージョン。


「This is me」

私は暗闇を知ってる
言われた ”隠れてろ お前など見たくない“
体の傷は恥だと知った
言われた “消えろ 誰もお前など愛さない”

でも心の誇りは失わない
居場所は きっとあるはず
輝く私たちのために

言葉の刃で傷つけるなら
洪水を起こして溺れさせる
勇気がある 傷もある
ありのままでいる
これが私

気を付けろ 私が行く
自分で叩くドラムが伴奏
見られても怖くない
謝る必要もない
これが私

心に弾を受け続けた
でも撃ち返す
今日は恥も跳ね返す
バリケードを破り太陽へと手を伸ばそう
(私たちは戦士)
戦うために姿を変えた

心の誇りは失わない
居場所はあるはず
輝く私たちのために

言葉の刃で傷つけるなら
洪水を起こして溺れさせる
勇気がある 傷もある
ありのままでいる
これが私

気を付けろ 私が行く
自分で叩くドラムが伴奏
見られても怖くない
謝る必要もない
これが私

...これが私

私にも愛される資格がある
値しないものなど 何ひとつない

言葉の刃で傷つけるなら
洪水を起こして溺れさせる
勇気がある 傷もある
ありのままでいる
これが私

気を付けろ 私が行く
(私が行く)
自分で叩くドラムが伴奏
(行進する、行進するわ)
見られても怖くない
謝る必要もない
これが私

洪水を起こすわ
押し流すの
(...これが私)



I'm not a stranger to the dark
Hide away, they say
'Cause we don't want your broken parts
I've learned to be ashamed of all my scars
Run away, they say
No one will love you as you are

But I won't let them break me down to dust
I know that there's a place for us
For we are glorious

When the sharpest words wanna cut me down
I'm gonna send a flood, gonna drown them out
I am brave, I am bruised
I am who I'm meant to be, this is me

Look out 'cause here I come
And I'm marching on to the beat I drum
I'm not scared to be seen
I make no apologies, this is me

Another round of bullets hits my skin
Well, fire away
'cause today, I won't let the shame sink in
We are bursting through the barricades
And reaching for the sun (we are warriors)
Yeah, that's what we've become

Won't let them break me down to dust
I know that there's a place for us
For we are glorious

When the sharpest words wanna cut me down
I'm gonna send a flood, gonna drown them out
I am brave, I am bruised
I am who I'm meant to be, this is me

Look out 'cause here I come
And I'm marching on to the beat I drum
I'm not scared to be seen
I make no apologies, this is me

...This is me

And I know that I deserve your love
There's nothing I'm not worthy of

When the sharpest words wanna cut me down
I'm gonna send a flood, gonna drown them out
This is brave, This is bruised
This is who I'm meant to be, this is me

Look out 'cause here I come
(look out 'cause here I come)
And I'm marching on to the beat I drum
(marching on, marching, marching on)
I'm not scared to be seen
I make no apologies, this is me

I'm gonna send a flood
Gonna drown them out
(...this is me)


posted by こはしいづみ at 17:10| Comment(0) | 抑うつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

お薬一錠減らしてもいいよ記念日


2月のある日
信頼していた人達からの攻撃(パワハラといじめ)により
わたしは精神的大ダメージを受けた。

翌日からわたしの身体はおかしくなり
抑うつ状態、適応障害と診断された。

それからは暗くて深い泥の沼を
進むとも進まないとも言えない日々を送っていた。

あらゆるものが怖かった。
傷つけられるのが怖かった。
悪意に曝されるのが怖かった。
少しのことで心臓は縮みあがり。
海綿のようにぐじゅぐじゅに成り果てた。

唐突に嗚咽をもらす日々だった。

それを思うと
約1年5ヶ月経った今
大分回復はしているのだと思う。

何にも興味を持てず
何も楽しくなかったわたしが
おっさんずラブという沼にはまり
死にたいとも思わなくなった。

台所にも怖くて行けなかったわたしが
ひとりで台所に立つことができるようになった。
(料理は出来ない)

テレビだってほとんど見られるし
音楽だって聴ける。

泣くことはなくなったし

彼となら外出も出来る。

ただ買い物に行く事だけはいつまでも出来なくて
(子供の声が刺さってホントーに苦手。怖い)
ほぼ家から出ない生活を送っているが
それでもずいぶん回復したと思う。

(ひとりで病院に行くのも憂鬱だけど
すっごい頑張って疲れ果てながら行ってる)


でも、考えてみれば
どれも以前は普通に出来ていた事なんだよな。

息をするように
何を意識するでもなく。

以前の写真なんかを見ると
言い知れぬ懐かしさと
あの頃は良かったのに、という感覚に襲われる。
何でもない日常が
本当に奇跡みたいだったんだって
なんて幸せだったんだろうって 思う

あの頃のように戻れるのかなと
まだまだ不安は尽きない。

だけど

わたしは少し、前進しています。
どこかで苦しんでるうつ病の人
沼から抜け出せない抑うつの人

いつかきっと、少しでも
前進できる日が来ると思います。

希望を持てなんて言わない。
頑張れなんて言わない。

だけどこんなわたしでも少し前進出来た。
1年5ヶ月もかかったけれど
やっとそう言える日が来た。

何かきっかけがあったわけでもない
ただ、日にち薬だけが頼りだったかもしれない

それでも
わたしは少し、沼から這い上がりました。
暗くて深い、あの泥の沼から
ほんの少し、這い上がりました。



※薬の種類は減ってなくて、朝、昼、晩と飲んでいたもののうちのひとつを
昼だけ抜いてみましょうという試み中です。


posted by こはしいづみ at 16:24| Comment(0) | 抑うつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

6話について語りたくなった : おっさんずラブ


6話は神回だと誰かが言った。
(言ったと思う)
初めて6話を観た時
途中まではめちゃめちゃよかったのに
ラストでずどーんと落とされて
哀しいやら切ないやらやるせないやら
それから最後の衝撃がすごすぎて
これのどこが神回なのかと思った。

ふっざけんなよなんだよこれ
なにしてくれてんだこのf(sg@&g:/!!
って怒りさえ覚えたのが正直なところだ。

7話を観た今
あの6話にも多少フラットな心持ちで
臨めるようになった。
6話はやはり神回なのだと思う。

もちろん7話が1番だけど。

牧くんの
「春田さんのことなんか好きじゃない」
泣きながら、絞り出すように言ったあの言葉。

あんなに切ない嘘ったらない

春田さんのことが大好きだって言ってる
春田さんが愛おしいって言ってる
あんなに好きの詰まった「好きじゃない」ったらない。

何度みても胸が抉られる。

それから、個人的に大っ嫌いな
ドラマでよくある「○年後」テロップの
唐突タイムスリップ

それも7話を観た上で慮ると
すごく重要だったと分かる。

2人を隔てた1年
2人に必要だった1年

あのタイムスリップは無駄じゃない。
部長との1年があったからこその
部長も活きたあのラスト。
(部長がまた切ないんだけど)

このドラマは本当に秀逸だと思う。
本当におもしろい。

わたしは沼にはまったようだ。


関係ないんだけど
瑠東東一郎さん
(おっさんずラブ1、4、7話の演出?監督?話数もちょっと曖昧)の
インスタ画像を見た。
(わたし、SNSやってないんで、おっさんずラブで盛り上がってる
掲示板で、人が上げてくれた画像を見た)

#リアルよりリアリティ
って書いてあったんだけど
THE HIGH-LOWSの「十四才」から
きてるんだろうか。。
だとしたらなんか嬉しい。

リアルよりリアリティ
なんとなく分かる気がする。


※インスタは、やってなくても見られると知った今。


posted by こはしいづみ at 15:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

この春最高の恋をした


わたしには愛する人がいる

もう一度言う

愛してる人、夫がいる

だけどこの春、夫以外のものに恋をした

これを浮気だと言わないで欲しい

なぜなら相手は「おっさんずラブ」だから


ご存知だろうか、5月の始め
土曜の夜11:15からやっていたこのドラマを

なんとなく題名は気になっていたものの
見始めたのは3話の終わりからだったと思う
なんとももったいない出会いだったが
おっさんずラブは、わたしの心を鷲掴みにした。

鬱であるわたしには楽しみという楽しみがない。
唯一楽しんで見られるのは、カズレーザーさんが出ている番組くらい。
(カズレーザーさんの大ファン)

そんなわたしが何となく見ることになったおっさんずラブ。

おっさんの愛
そう
おっさん達の愛の物語

男同士の恋愛の話なのだが
これが
BLだとか、LGBTだとかを超越した
最高にピュアなラブストーリーだった。

わたしはラブストーリーが苦手だ。
結局やってる事は同じだし
人の愛だの恋だの見て何が楽しいのかと
思っていた。(良い映画もある。これは間違いない)

でもおっさんずラブにはどハマりしてしまった。

ひとえにこれは
田中圭さんが演じる春田 創一と
林遣都さんが演じる牧 凌太 の力だと思う。

他の演者さんも誰一人として外れがいない
最高なキャスティングだったのだが

上記の二人だ。

二人が生きているのだ。

わたしは思う

牧くん、幸せかな?
傷付いてないかな?
春田さん、寂しくないかな?
牧くんを悲しませていないかな?

わたしは思っている
ドラマが終わった今でも
ドラマを見ていないその時でも

だって二人が、生きているから。

わたし史上最高のドラマに出会った。
王道の、やってることはやっぱり一緒かもしれない
ラブストーリーだ。

それでもわたしは恋をした。
してしまった。
このドラマに、牧と春田に。

これから時を経て
少しずつ薄れてもいくだろう。

大切なものの死を乗り越えたように
時はやさしくて残酷だから

それでも時々想うと思う

最高にピュアなラブストーリーを
愛おしい二人のことを

傷付いていないかな??
幸せに笑っているかな??


この春最高の恋をした。

ありがとうおっさんずラブ
ありがとうスタッフさん
ありがとう演者さん
ありがとうスポンサー
ありがとう
おっさんずラブに携わった全ての人達
ありがとう、最高の憑依型
林遣都さん、田中圭さん

いや
あの二人は生きているから
ありがとう、牧くんと春田さん


生まれて初めてドラマの円盤を予約購入した
生まれて初めてドラマのガイドブックを予約購入した

わたし史上最高のドラマだった。

生きる希望をありがとう。

こんなに楽しくて、痛くて、切なくて、苦しくて
やるせなくて、面白いドラマ
見終わったら相当な喪失感に苛まれると思った。
確実にロスになると思った。
でも今は奇しくも、充足感と幸福感に満たされている。


控えめに言って神ドラマだった!
最高だお!!(武蔵リスペクト)


※続編はなくてもいい派です。
牧くんと春田さんのイチャコラを永遠に見られるならいいけれど
きっと起承転結をつけざるを得ないだろうから。

※スピンオフやスペシャルもいりません。
本編で大満足しました。
(でも出たら見ます)

※滋賀県は近畿の水瓶琵琶湖よりも
林遣都が生まれた県だってことを誇っていい。
天使かよ。

※田中圭色気ダダ漏れだな


あ、ちなみに1〜3話はauビデオパスに入会して観ました。
今は1〜7話を繰り返し観たり
7話だけ繰り返し観たり、そんな日々を送っています。


posted by こはしいづみ at 14:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
10.5.8 1007 113 13 エンゲージド 1本差 2015 2016 21 ラブアフェア 30 リゴレット 31 タイニーシェル 3776 3DSLL 3G 42 43 デンジャラス リエゾン 48 アイスウォール 50/50 53 カフェ マンボ 55 ネバーランド 5本差し 63 トリュフ 630 68 ノスタルジア 74 ファッジ 80 クライベイビー 85 シャンハイブレックファースト 87 ジプシークイーン 94 シャングリラ 99 ミスユーモア annasui ケース au BEAMS BETSEY JOHNSON Coldplay CON-70 Cカンパニー D フラクション D-フラクション DIME father Firefox Frank GIMP GLAY GREAT VACATION G級 G級装備 HZK HZK Leather I LOVE YOUをさがしてる iPhone iPhone5 iPod nano irosizuku itunes JUMP KEORA KEORA kompozer LAMY leopard LiB CAFE LIFE! Lock, Stock and Two Smoking Barrels LTE M600 MH3G MH4 mh4g Mi MOLESKINE 限定版 バットマン ノートブック nagasawa NO ESCAPE pan PGB3000 Photoshop PILOT Platinum Pre Preppy QUOVADIS マンスリー reform SAW SkyBook Snow Leopard STILL LIFE studio The Dark Knight THE DOUBLE THE GREAT VACATION THE HIGH LOWS The Secret Life of Walter Mitty the yellow monkey This is me TSUTAYA U2 Vava La Vida verb Violet Hill WATERMA wifi あちゃちゅむ あやの小路 いけちゃんとぼく うつ うつ病 おっさんずラブ おみおくりの作法 がま口 きっと、うまくいく これほど美しい悲劇を見たことがない ささみ さびた塊 つくしペンケース つまらない はじまりのうた ばっこう みぞおち アイアムアヒーロー アウロラ アガリクス アップデート アディクション アヌビス アベンジャーズ アメリカン・スナイパー アメリカン・ビューティー アラビアンルビー アリス・イン・ワンダーランド アルゴ アルロイドG アンダー・サスピション アーティアX アーティスタ イエモン イプシロン イベクエ イベクシャ イミテーション・ゲーム インク インディゴブルー インデペンデンス・デイ イントゥ・ザ・ウッズ エイジ・オブ・ウルトロン エグゼクティブ エニグマと天才数学者の秘密 エルバン オオナズチ オススメ オデッセイ オトモ オリーブグリーン オーダー オーロラの彼方へ カジキマグロ カジノ カスタム カスタムヘリテイジ91 カフェマンボ カラスと書き物机 カートリッジ式 ガノトトス ガルシアマルケス ガルルガX ガンス キップ ロールペンケース キノコ大好き キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン キャップ割れ キャリー キリン キングスマン キング・オブ・コメディ ギギネブラ 3連続 ギザミ ギルクエ クオバディス クライベイビー クリアキャンディ クリムゾン・リバー クリード クルトゥール クロムメタルコイル グランセ グランド・ブダペスト・ホテル グレイテスト ショーマン コクーン コンスタンティン コンバーター コードネーム U.N.C.L.E. ゴアS ゴア・マガラ ゴールデン・サークル ゴーン・ガール ゴーン・ベイビー・ゴーン サファリ サプリ ザ アイシャドウ ザ アイシャドウ ザ・ガンマン シェーファー シネマハンドブック シャガルマガラ シャンハイブレックファースト ショーン・ペン シルバーン シンプル・シモン ジエン ジャスティスの誕生 ジュピター ジュラシック・ワールド ジョン・ウィック ジンオウX ジンオウガ ジンオウガ亜種 ジンオウガ逆鱗 スカビオサ スケルトン スターリングシルバー ステンレス ストライプ スーパーマン スーベレーン セッション セレモ センチュリー セーラー ソウルフル☆ゴールド ソフクレート ソフトバンク ゾディアス タイタンズを忘れない タルガ ダイソー万年筆 ダラ・アマデュラ ダーク・ナイト チャンプを継ぐ男 ツバメノート ツルニチソウ テンプレ ディシディア ファイナルファンタジー ディナー・ラッシュ デッドプール デラックス・コレクターズ・エディション ドイツ旅行 ドイツ語 ドキソルビシン ドラゴン タトゥーの女 ドラゴン・タトゥーの女 ナガサワ ナポレオン・ダイナマイト ナルガメイル ニュー・シネマ・パラダイス ネバーランド、夢のはじまり ネプリーグ ノートカバー ハンマー バキソ バグダッド・カフェ バス男 バットマン バベットの晩餐会 バランス バンギスX バーガンディレッド パイロット パイロット カスタム ストライプ パイロット グランセ ロジウム ブラック&レッド パチンコ パリ、テキサス パルプ・フィクション パール ヒッチコック ピッチ・パーフェクト ピロリ菌 ファンネル ファンボーイズ フィンチャー フライド・グリーン・トマト フランク フルフル ブナハ ブヨブヨした端材 ブラキディオス ブリッジ・オブ・スパイ ブルゴーニュ ブルゴーニュレッド プラチナ プラチナ万年筆 プラティグナム プリデスティネーション プレステージ プレラ プロフィットジュニア プロフェッショナルギア スリム ヘイズキャスター ヘルプ  心がつなぐストーリー ベルリン・天使の詩 ベン・ハー ペリカン ペリカン クラシック M200 ペンクリニック ペンケース ペンシース ボルティックワークス ボルボロス亜種 ポーチ マイ・インターン マッド・マックス マネー・ショート マレフィセント ミスユーモア ミッドナイト ムーン ミッドナイトムーン ミッドナイト・ラン ムチャチャ メアリー&マックス モレスキン モンテベルデ モンブラン モーターサイクル・ダイアリーズ ラギア ラスト・ナイツ ラブフォーペット ランサップ リオレイア亜種 リゴレット リサージェンス リッチェル リンパ腫 ルシーナ ルビー・スパークス ルポ ルポ・ペンケース レア素材不要 レイトウマグロ レザー レザーカバー レディシェーファー レミゼラブル レヴェナント レ・ミゼラブル ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ ロバート・デ・ニーロ ローラー&クライナー ワイルドスピード ユーロミッション 万年筆 下位 下痢 世界の終わり、あるいは始まり 付録 俺のダンディズム 八木重吉 分度器ドットコム 剣士 剥ぎ取り達人 劇場公開版 十四才 双黒のライバル達 古龍骨 名言 和訳 嗤う分身 嘔吐 回避 団長 団長クエ 大きな太古の破片 大剣 大和 大地の龍玉 大地を穿つ剛角 大地を穿つ剛角 入手 大鹿角ノ破弾弓 天才スピヴェット 太刀 完全版 宝玉 寒気立つクチバシ 尻尾 川口ドクター 忌野清志郎 怒りのデス・ロード 感動 抑うつ 抑うつ状態 抜鈎 操虫棍 改造データ 斬れ味+1 断罪の銃棍J 旧カスタム 旧バージョンダウンロード 映画 春田 創一 時間の旅 月に1回以上映画を観る人 村クエ上位 防具 松露 林遣都 桐島、部活やめるってよ 極細 歌詞 正方形ツバメノート 江頭2:50 泣かない 消え去ること、霞の如し 深海 滝藤 賢一 火の国を訪れし危機 火山 牧 凌太 猫 腎不全 田中圭 疝痛発作 痛み 癒着 瞳の奥の秘密 砕竜の黒曜甲 秋桜 竜骨結晶 細い太古の破片 細字 緊急クエ 胃痛 胆嚢摘出 胆石症 腸閉塞 腹腔鏡下胆嚢摘出術 腺癌 色彩雫 華麗なる大逆転 蒼玉 蘇えりし者 蛇王龍の扇刃 術後服 装備 裏窓 裏表紙 西條八十 見た目 見た目装備 逆鱗 適応障害 酷評 銭ゲバ 長い太古の破片 防御力 除菌 隠しマップ 電撃 ランディープ 霞か雲か古きぞ出ずる 霧雨 食器用 スタンド 食餌 鹿弓