2017年11月13日

鬱を考えてみる


考えてもしょうがない、うん。
でも考えてみる。

人はよく
励ましの言葉という意味合いで
「明けない夜は無い」と言う。

昔なにかで
「網戸の開かない朝はなかった」
という言葉を目にした事があった気もする。

「止まない雨はない」

確かにそうだ、その通り。

でも今
実際に今、しんどいのはどうにもならないのだ。
今、夜は明けていないし、網戸は開いていないし、雨も止んでいない。

それがいつか、いつか必ず終わるのだとしても
今の苦しみが続いている以上
それらの言葉には何の力もない。


この間病院の先生に言われた。
「今が一番しんどいと思いがちだけど、トータルで見たら
良くはなってるんだよ」と。
確かにそうだ。一番最悪などん底を覚えている。忘れもしない。
そこを思えば、(また薬は増えたが)良くはなっている。
そしていつか、いずれ、治る時が来るんだろう。

それは一か月後なのか、一年後なのか、三年後なのか・・・
分からないけれど、治る時が来るのは確信出来る。

いつか夜が明けて、網戸が開いて、雨が止む時が来る。
それまでこの病気と付き合っていかなきゃならない。

今日は病気のやつ、悪さしてやがんな、とか
今日は大人しくしててくれてるラッキー、とか
思えるくらいになるといいなぁ。
っていうか早く治れ。

(結局うつの何を考えたのだろう)


そうそう、全然話が違うのだけど
いつも病院で会うすごく元気なおばさんがいる。
大抵私より先に心療内科の診察に入る。
そして笑いながら「じゃあどうもー。(うぃっす)」
みたいな感じで診察室から出てくる。

わたしが診察を終え、院外処方で薬をもらい、出てきたころ
薬局のそばで他のおばちゃんと井戸端会議しているのを見たこともある。

心療内科といえども、患者さんは様々なんだな、と不思議に思う。

躁鬱とか、躁もあるものね。
でもなんか不思議だ。。。

ラベル: うつ 抑うつ
posted by こはしいづみ at 13:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

メアリー&マックス


ぼくのヒビときみのヒビ


メアリーさんとマックスさんが文通するって内容のクレイアニメ
という認識だけで観たもんだからびっくりした。
こんなに痛くて、切なくて、苦しくて、重くて、号泣するやつだとは
思いもしなかった。

これは心に「くる」やつだから
鬱の時には観ちゃダメだ。
でも、相反することを言うけれど、鬱の今
この映画に出会えてよかったとわたしは思っている。

内容:あらすじ

オーストラリアに暮らす少女とニューヨークに住む孤独な中年男性が、文通を通して20年以上にわたりきずなをはぐくんでいく様子を描いたクレイアニメーション。

メルボルンに暮らす8歳の少女メアリーは、ある日アメリカに住む誰かに手紙を送ろうと思い立ち、電話帳から選び出した人物に手紙を書き始める。そしてニューヨーク、人付き合いが苦手で一人孤独な日々を送っていた中年男マックスのもとに、オーストラリアから一通の手紙が届く。それを機に、メアリーとマックスの2つの大陸をまたいだ20年以上にわたる交流がスタートする。(by シネマトゥデイ)


メアリーにもマックスにも影や傷や痛みがある。
メアリーは額に変な形の痣があって、友達もいなくて
風変りな両親からの愛情が薄い。
マックスは過食症の肥満体でアスペルガー症候群(自閉症)。

クレイアニメというある種のファンタジーで
リアルに痛いことを見せつけてくるこの感じよ・・・

あっちとこっちで微妙に違う色
灰色、黒、茶色
絶望、悲しみ、哀しみ、怒り
嫌というほど思い知り、突きつけられる。
これ、クレイアニメだよ?
ジョークもユーモアもブラックユーモアもたっぷり
だけどね
すごく痛い。

痛いけど、クレイアニメだったからこそ
悲壮感だけの終わりにはならなかったのかもしれない。

「自分の欠点は選べない」
そんな言葉が出てくる。
痛い。突き刺さる。

欠点は選べない

うんち様の痣も
泥水色の瞳も
人とうまく関わることが出来ない病も

「親類は選べない」

でも
「友達を選ぶことはできる」

ケ・セラ・セラ
なるようになる


人それぞれ、いろんな道があるだろう。

ぐにゃぐにゃだったり、まっすぐだったり
キレイだったり、ゴミだらけだったり

その道がいつかどこかで、交差することもある。

ここで現実で手前味噌な話をするけれど
わたしと彼は、凸と凹がぴったり合致する二人だと思ってる。
こんなに合う人は居ないと思う。
わたしの道はヒビだらけで、汚れて、曲がって、いるだろう。
彼の道は彼にしか分からないけれど、やっぱり彼のヒビがあるだろう。
わたしたちの道は奇跡的に交差した。

僕のヒビと君のヒビは違うけれど
人は欠点を選んで生まれてこれないけれど
人はとても不器用だけれど

「友達」を選ぶことは出来る。


実話がベースなんだよねこれ。(全部じゃあない)
1日4秒作れるくらいのクレイアニメでこれをやられてさぁ
クレイアニメってもっとファンタジーなはずじゃんかさぁ
あぁ、痛い。
でもほっこりもする。

キャラはお世辞にもかわいいとは言えないと思うし
ブラックジョーク?ユーモア?が行き過ぎて不快になる人もいそうだし
(わたしは全然だけど)万人にはおすすめ出来ないけど
いい映画だと思う。

人間はみな不完全だ
そして、だから、世界は醜くて、美しい。


劇場で観たかったなぁ。
パンフレットが欲しかったなぁ。

そしてなんというか・・・好きすぎて
言いたいことをちゃんと言えてない気がする。
うまく感想が書けない。
でも観てほしい映画。

★9.5/10

※第76回アカデミー賞短編アニメ賞を受賞


posted by こはしいづみ at 15:54| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

アディクション ザ アイシャドウにハマっている。4


ずっと家に居るだけだと
時々ネットショッピングで散財をする。

アディクションがまた増えた。

tt.jpg

63 Truffle (M)トリュフ/31 Tiny Shell (P)タイニーシェル

似た色と比較してみた。
tt2.jpg

上から
30"Rigoletto (P)" リゴレット
31"Tiny Shell(P)" タイニーシェル
74"Fudge (ME)" ファッジ
63"Truffle"(M) トリュフ

ファッジはここまで濃くないので、過去記事の方が色は近い。


31"Tiny Shell(P)" タイニーシェル

「小さな貝殻を思わせるコーラルベージュ」

ts.jpg

桜貝のような若干オレンジがかったピンク色。
わたしの瞼だと予想通りちょっと腫れぼったくなった。
イエベには難しい色かな?(適当)


63"Truffle"(M) トリュフ

「マットなレッドブラウン」

t.jpg

んー、レッドはあまり感じない。
こげ茶、チョコレート色。
ほんとーーーにニュートラルなこげ茶。

締め色に。

訂正
瞼に乗せるとちゃんと赤みのあるブラウンだった。
(レビューは瞼に乗せてから書いてるんだけども)
ココアブラウン
「ファッジ」はMEなのでメタリックだけど
ファッジからメタリックを抜くとショコラに近くなる気がする。


あと3色

les.jpg
21 ラブアフェア(P) / 13 エンゲージド(P) / 94 シャングリラ(ME)

les2.jpg

上から
21"Love Affair (P)" ラブアフェア
13"Engaged (P)" エンゲージド
94"Shangri-La (ME)" シャングリラ


21"Love Affair (P)" ラブアフェア

「ゴールドパール輝くピンクローズ」

love.jpg

ピンクがかったブラウン。
紹介は「ピンクローズ」だし
人の紹介画像を見ても結構ピンクに見えるけど
わたしの瞼の上ではほぼブラウン。
光の加減で若干ピンク感じるかなー程度。
ノスタルジアにピンクを混ぜて濃くした感じ。


13"Engaged (P)" エンゲージド

「ゴールドがつやめくスイートベージュ」

en.jpg

パーリーなピンク。
瞼の上だとベージュははあまり感じない。
光の加減でピンクや白っぽい色がパーリーに艶めいて綺麗。
ピンク系のシャドウを使うときにはアイホールに必ず乗せたい。
涙袋にもいい。
アイスウォール同様、縁の下の力持ちとしてかなり使える色。
(書いてて思ったが「パーリー」という言葉はあるのだろうか)


94"Shangri-La (ME)" シャングリラ

「リッチにつやめくガーネット」

Shangri.jpg

赤銅っぽいピンク。難しそうだけど、薄めに広く入れると意外と使える。
アイライン的に引くとちょっと変。(わたしの場合)


欲しい色はこれで一通りそろったかもしれない。
あとはスーパームーンとかハーフムーンとか
普段使いはしないようなので何色かあるかな、という感じ。

出掛けるわけでもないのに(鬱闘病中)
メイク用品(特にアイシャドウ)ばかり増えている。
あまりしんどくない時は、家であれこれ組み合わせを考えながら
アイメイクだけ楽しんだりしている。(目だけだと変だから眉毛も描くよ)
これが今のところ一番の楽しみかもしれない。
というか、これが出来ない日はもう相当しんどい日だ。
最近は唯一楽しめていた「とび森」すら楽しくなくなってしまった。。



posted by こはしいづみ at 16:00| Comment(0) | 物欲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一進一退


鬱になって8ヶ月ちょっとが経過した。

鬱についての記事を読むと
「〜6か月で治る人が多い」というのをよく目にする。
だもんで治ってない自分を(常に甘えているのでは?と責めているので)また責めたり
なんでだろう?どうしてわたしは・・・と悩んだりする。

実際治ってないんだからしょうがないけど
「6か月あれば治ってるはずだ」という自分の理想像みたいなもんもあったので
そうならなかったことで、結構落ち込んでしまうものだ。

途中よくなった時期があって、薬をひとつ減らしたことがあった。
そしたらすぐに後退して酷くなったので、また薬を戻した。

その後また「治ったんじゃない??」と思えるくらいよくなり
周りの人をびっくりさせる行動をとるほどの期間もあったのだが
そこからまたどん底に落ち、結局現在は飲む薬が増えている。

一進一退

というより、一進五退くらいのイメージなのだが
浮いたり、どん底に落ちたりを繰り返している。(躁鬱ではない)

今はとにかく細かい音が気になっている時期だ。
気が狂いそうになる。
見もしないテレビを流す、では改善しなかったので
ジャズを流してごまかしてみる、という事を試み中だ。

それから、毎日本当に何もしていないので
無理にでも何かしようと思った結果(頑張る、までいかない程度に)
PCに向かってみることにした。

調子が良いときは映画を観られるので(物は限られるが)
レビューなんかもまた書いていければいいと思っている。
思っているがすぐに心が折れることは想像に難くない。(日本語合ってるかな)



posted by こはしいづみ at 15:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

鬱になった。


正しくは「抑うつ状態」
といいつつ、今の病院の先生は「うつ」と書くこともあるので
どっちなのか良く分からない。。

まさか自分が、こんなことになるとは夢にも思わなかった。

鬱はよく、「甘え」だと言われる。
”新型”は知らないが、なってみりゃ分かる。
これは甘えでもなんでもない。(自分では”甘えだ”と自分を責めるけどね)

わたしは「うつ」ではない(と思われる)ので
「うつ」よりは軽い状態なんだろう。多分。
(鬱は脳、抑うつは心、とか言われるし
ネットで調べたりしてもそう捉えられるので、自分自身では
「抑うつ」は「うつ」の軽いバージョン、と認識している)

それでも毎日、毎時、毎分苦しかった。自殺願望は
1時間に2〜3回襲ってくる。眠れない。突然泣き始める
突然息があがる、心臓がドキドキしてくる・・・
こんなに苦しいことがあるのか
こんな日々があるのか
わたしのこの苦しさが「軽いバージョン」なら
鬱の人はどれほどの苦しみを負っているのか・・・そう思った。


抑うつ状態になって、今は約5ヶ月が経った状態だ。
少し落ち着く日も出てきたので(だから「うつ」とは違うのかもな)
時間をかけて書いていこうと思う。(投稿はいっぺんにするが)

因みに今も通院し薬も飲んでいる状態であり、治ってはいない。


わたしがこうなったのには明確な理由がある。

会社でのいじめ、パワハラが原因だ。それも社長と奥さんからの。

ある日突然、無理な事を強いられた。
「それは出来ない」と突っぱねた。
そしたらその日のうちに解雇を言い渡された。

結局解雇するだけの力の無いものだったので
解雇は撤回されたが
そこに絡むいじめがすごかった。

わたしは会社が好きだった。
働きやすく、上の人間も好きだった。

小さな会社なので、上司という上司はおらず
「上の人間」と言えば社長と、奥さんがそれにあたると思うのだが
くだらない世間話もよくしたし、お互い気を配りあい
「ありがとう」もよく言い合いながら仕事をしていた。
のんびりやりたいように仕事がやれる

人も会社も好きだった。

それが突然、「手の平を返す」という言葉では足りない程の変わりようで
わたしをいじめ、追い込んでくるようになったのだ。
無理な事を「受忍出来ない」と言っただけで。

「人が変わった」まさにそれだった。
それも社長、奥さんふたり揃ってだから恐ろしさ倍増。

その豹変ぶりを見た事は、トラウマのように今も残っている。

言ってもいないことを「初めから言ってた」と言い出したり
やってもいないことを「やった」と責めたり
聞いてもいないことを「承諾していた」と言ったり
人格否定、侮辱発言もすごかった。

(結局色々と揉めることになったのだが、あやしい雲行きになった時には
既に録音は開始していたので、それは後々とても役に立った)

ー会社にはこの時点から既に行けなくなっていた。


わたしはまず眠れなくなった。
眠ろうとすると、ふたりの鬼のような形相や
その時の声、場面がフラッシュバックしてくるからだ。

眠ろうとすると嗚咽するので、それで眠れないのもあった。

そしてとにかくよく泣いた。眠る前以外でも
わけもなく唐突に涙が出た。「涙が出る」という表現では甘いな。
あれはまさしく本当の嗚咽。

数日我慢したが、辛いので心療内科へ行った。
外出自体が怖くて出来なくなっていたので、病院に行くのも怖かったが
睡眠薬をもらうために行った。
そこで「抑うつ状態」と診断された。「適応障害」とも言われた。

そういえばこの時行った病院は酷かった。
カウンセリングみたいなものは一切なく
先生はパソコンに向かってなにやらカチャカチャ打ち込んでいるだけ。
(ほとんどこちらを見ない)
わたしは泣くし、息があがってぜぇはぁするし
先生がそんな状態で話をする気も起きないし出来なくて
経緯やわたしの現状は、全て彼が話してくれた。
わたしは隣で、手の甲を爪で傷つけながら泣いているしかできなかった。

睡眠薬と診断書(会社に行けないので)を貰えたのはよかったが
あれで「心療内科医」を名乗れるのはすごいと思った。
その感覚だけはやけに冷静に覚えている。

病院はすぐに変えた。(心療内科って、予約取るのが大変。
常にいっぱいだし予約だし数週間待たされる。だから嫌な病院には
仕方なく2回は我慢して行った)

病院を変えたら先生が全然違う人種と言えるくらい良い先生で
今は大分助かっている部分がある。
合う病院、先生を探すのは大切だ。
まぁ、こっちにはそれだけの余裕がないので
これは奇跡に近いと言える。
病院を10軒とか変える人もいるらしいんだもの。

今の先生は、強い薬を極力出さないようにするし
薬の説明も丁寧だし
人の話をちゃんと聞いてくれるし、カウンセリングなのかな?もしてくれる。

わたしは今、先生や周りの助けや薬のおかげで
少し穏やかに過ごせる日が出てきはじめたところだ。
やっぱり時々心臓がバクバクしてくるし
基本的に外出は怖くて出来ない。(彼となら外出出来る日も稀にある)
人や大きな話し声も音も怖い。(子供の声とか結構地獄)
ただでさえ「やせ型」なのに体重は減ったままだし
生理が来る日もめちゃくちゃだ。
それでも当初よりはずいぶん楽になっている。(と思い調子に乗る時があるのだが
彼には「そう簡単にスパッと治るもんじゃないぞ」と怒られる。確かに調子に乗ると
結局頓服が必要になったり、しんどくなったりしている)


当初の状態はこんな感じだった。
・見られるテレビがほとんど無くなった。(うるさい、怖い、傷つく)
・怖いCMが出来た。(牛がこっちに向かって走って来るとか、過払い金請求のとか…)
・本類は全く読めなくなった。(集中できない、気力がない、傷つく)
・映画を観るなんてもってのほか。
・好きな事すらなにも出来ない。(やりたい、やろうと思えない)
・GLAYの曲が聴けなくなった。(大好きだからこそなぜか聴けない)
(台所に行くときには音楽が必要だったので(後述)イエモンやブルーハーツや
Evanescenceだけ聴いてた。「好きじゃない」からではなく、
もちろんこれらの人たちも好きではある)
・一人で台所に行くのが怖い。(台所はマンションの廊下側にあったので
外に近くて怖い。色んな音も聞こえるし。居間や寝室は奥の部屋だったので
わたしにとってはそこだけが「安全な場所」だった)

他の音が聞こえないように、害のないテレビを流し(通販やサスペンス。
通販でも、わざとらしくてうるさくて畳みかけるようにしゃべってるのは無理。
サスペンスはなぜか平気だった。予定調和?だからかな。
途中にいじめやDVが挟まると無理だったけど)

ただ一日、同じところに座り続けて過ごしていた。
あ、「とび森」(ゲーム)だけは出来たからそれをしていたな。

わたしの心は壊れていた。
その壊れた心に、普段はなんでもなかったものが否応なく刺さって
ちょっとしたことが痛く、怖く、傷つく原因となった。
悪意にさらされるのが怖い、そんな感じ。


そして今。
テレビは70%くらいは平気になった。
怖いCMは少し減った。
映画も、「心にこない」ものは見られるし
読める漫画も出てきた。(まぁ、読む気力がないんだけど)
GLAYも聴けるようになった。
台所に行けるようになった。(用事をするときはヘッドホンを着けるけど)
好きな事なら、今まで出来ていたことを10とすると
3くらいは出来るようになった。

でも、今でも外出は怖いし、人も怖い。
家事もまともに出来ていない。

彼にばかり頼っている。彼がいなかったら餓死したかな。
その前にとっくに死んでたかな・・・

みんな、「がんばれ」と言わなかった。
風邪をひいているようなもんだ(わたしにしてみりゃインフルエンザだけど)
病気なんだ
無理に何かをやろうとしなくていい
変な人間に引っかかってしまったのが不運だっただけだ
がんばらないことをがんばろう

そう言ってくれた。

わたしは自分を「なまけている」「あまえている」と責める日もあったが
みんながその考えを払拭してくれた。
周りには本当に助けられた。
今も助けられている。

泣きだしても彼はやさしく抱きしめてくれたり
背中をさすってくれるだけだったし
ほっとけば何も食べないわたしに、母は会社を抜けて
食事を与えに来てくれたりもした。(表現が変だけど)

うつには、周りの助け、理解が必要だと
本当に、心からそう思う。
助けがあるわたしは恵まれているのかもしれない。
酷い事故に遭った気分に変わりはないが。

人の心を壊すということは、絶対にしてはいけないことだ。
当たり前なんだけど。
わたしは自分に不誠実なことが嫌いなので
そんなことはしてこなかったと信じたい。信じている。
傷つけたことはたくさんあったろうけど・・・。

人の心は壊れる。
壊れてしまうと、元に戻すのは難しい。

わたしは実際今、自分が元の自分に戻れるのか
元の生活が出来るようになるのか
不安を感じながら毎日過ごしている。
当初よりははずいぶんマシだが、それでも普通の生活は出来ていないし
今も苦しんでいる。

早く、大好きな万年筆いじりが出来るようになりたいし
大好きな化粧品をいじってメイクして買い物に行ったりしたいし
(因みに前のメイクの記事は、病気になるもっと前に書き溜めていたもの)
バラ園(植物園)とかにも行きたい。
ディズニーランドにも行きたい。
そしてなにより、仕事がしたい。
退職したので探さなきゃだし、この歳じゃ大変だと思うけど
社会に出たい。外に出たい。

でも、焦るのもダメだと分かっている。

ゆっくり病気を治して
悪さしてくるものが出てこなくなるのを待って
壊れた心を直したい。

水を吸った海綿みたいにぐじゅぐじゅであなぼこだらけでやわやわな心じゃなくて
ちゃんとしたハート型の心に戻したい。
(「普通」の心がハート型としてね)

うつは絶対に甘えじゃない。
(正確にはわたしは「うつ」ではなく「抑うつ状態」なのだけど)
・・・分からない
心が弱かったのだと言われればそれまでだけど
心を壊すものが悪いのだ。
それは過度なストレスかもしれないし
豹変した人間の悪意に触れたからかもしれないし
攻撃されたからかもしれないし
色々な原因、理由があるだろうけれど
こんなに苦しいんだ。

「甘えだ」とか、「がんばれ」とか、言わないで。言わないでほしい。

わたしは言われなかったけど。
(先生の「がんばらないことをがんばれ」っていうのはよかった)

それから最近は、「”がんばれ”は禁句じゃない」とかも
言われてるらしいけど。
わたしは、言われてたら発狂したか、自殺してたかもしれない。
(当初は自殺願望は常にあったけど)


ゆっくり休もうと思う。実際休んでいる。
休んでる自分を「何もしないで」と責める日もあるし
だからそ無理に家事をして、余計にしんどくなって
頓服を飲んだりすることもあるけど・・・


ところで会社とは結局、弁護士を交えての交渉をするはめになった。
まぁ、こっちが先に弁護士に依頼したんだけど。
そういう部分でなかなかハッキリしなかったのも
心には悪影響しかなかっただろう。
(弁護士とのやり取りはすべて彼がしてくれたし、最終的には全面勝訴と
言える決着がついた。あ、訴訟はしてないけどね)

これからは病気の治療だけに専念できるだろう。

どれくらいかかるか分からない
元に戻るのかも分からない
でも、当初よりは前に進んでるから
ゆっくり、戻していければいいと思う。

朝起きた。
今日がまた来てしまった。
でも、今日も生きたんだ
生きるんだ
って
眠るのが嫌だ。
朝が来るから。
でも、明日は来るんだ
って

当たり前に来る毎日を
がんばらないようにがんばって、いこうと思う。



そうそう
「抑うつ」というと
抑えたうつ?だから軽い?と思いがちだと思うのだけど
そうではない。

「鬱は躁ではない」

だから
抑うつはうつの症状のひとつ?だけど
うつ≠躁

躁とは違うから「抑」うつだよ、ってことみたい。
(間違ってたらすみません)


posted by こはしいづみ at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
10.5.8 1007 113 13 エンゲージド 1本差 2015 2016 21 ラブアフェア 30 リゴレット 31 タイニーシェル 3776 3DSLL 3G 42 43 デンジャラス リエゾン 48 アイスウォール 50/50 53 カフェ マンボ 55 ネバーランド 5本差し 63 トリュフ 630 68 ノスタルジア 74 ファッジ 80 クライベイビー 85 シャンハイブレックファースト 87 ジプシークイーン 94 シャングリラ 99 ミスユーモア annasui ケース au BEAMS BETSEY JOHNSON Coldplay CON-70 Cカンパニー D フラクション D-フラクション DIME Firefox Frank GIMP GLAY GREAT VACATION G級 G級装備 HZK HZK Leather I LOVE YOUをさがしてる iPhone iPhone5 iPod nano irosizuku itunes JUMP KEORA KEORA kompozer LAMY leopard LiB CAFE LIFE! Lock, Stock and Two Smoking Barrels LTE M600 MH3G MH4 mh4g Mi MOLESKINE 限定版 バットマン ノートブック nagasawa NO ESCAPE pan PGB3000 Photoshop PILOT Platinum Pre Preppy QUOVADIS マンスリー reform SAW SkyBook Snow Leopard STILL LIFE studio The Dark Knight THE DOUBLE THE GREAT VACATION THE HIGH LOWS The Secret Life of Walter Mitty TSUTAYA U2 Vava La Vida verb Violet Hill WATERMA wifi あちゃちゅむ あやの小路 いけちゃんとぼく うつ おみおくりの作法 がま口 きっと、うまくいく これほど美しい悲劇を見たことがない ささみ さびた塊 つくしペンケース つまらない はじまりのうた ばっこう みぞおち アイアムアヒーロー アウロラ アガリクス アップデート アディクション アヌビス アベンジャーズ アメリカン・スナイパー アメリカン・ビューティー アラビアンルビー アリス・イン・ワンダーランド アルゴ アルロイドG アンダー・サスピション アーティアX アーティスタ イプシロン イベクエ イベクシャ イミテーション・ゲーム インク インディゴブルー インデペンデンス・デイ イントゥ・ザ・ウッズ エイジ・オブ・ウルトロン エグゼクティブ エニグマと天才数学者の秘密 エルバン オオナズチ オススメ オデッセイ オトモ オリーブグリーン オーダー オーロラの彼方へ カジキマグロ カジノ カスタム カスタムヘリテイジ91 カフェマンボ カラスと書き物机 カートリッジ式 ガノトトス ガルシアマルケス ガルルガX ガンス キップ ロールペンケース キノコ大好き キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン キャップ割れ キャリー キリン キングスマン キング・オブ・コメディ ギギネブラ 3連続 ギザミ ギルクエ クオバディス クライベイビー クリアキャンディ クリムゾン・リバー クリード クルトゥール クロムメタルコイル グランセ グランド・ブダペスト・ホテル コクーン コンスタンティン コンバーター コードネーム U.N.C.L.E. ゴアS ゴア・マガラ ゴーン・ガール ゴーン・ベイビー・ゴーン サファリ サプリ ザ アイシャドウ ザ アイシャドウ ザ・ガンマン シェーファー シネマハンドブック シャガルマガラ シャンハイブレックファースト ショーン・ペン シルバーン シンプル・シモン ジエン ジャスティスの誕生 ジュピター ジュラシック・ワールド ジョン・ウィック ジンオウX ジンオウガ ジンオウガ亜種 ジンオウガ逆鱗 スカビオサ スケルトン スターリングシルバー ステンレス ストライプ スーパーマン スーベレーン セッション セレモ センチュリー セーラー ソウルフル☆ゴールド ソフクレート ソフトバンク ゾディアス タイタンズを忘れない タルガ ダイソー万年筆 ダラ・アマデュラ ダーク・ナイト チャンプを継ぐ男 ツバメノート ツルニチソウ テンプレ ディシディア ファイナルファンタジー ディナー・ラッシュ デッドプール デラックス・コレクターズ・エディション ドイツ旅行 ドイツ語 ドキソルビシン ドラゴン タトゥーの女 ドラゴン・タトゥーの女 ナガサワ ナポレオン・ダイナマイト ナルガメイル ニュー・シネマ・パラダイス ネバーランド、夢のはじまり ネプリーグ ノートカバー ハンマー バキソ バグダッド・カフェ バス男 バットマン バベットの晩餐会 バランス バンギスX バーガンディレッド パイロット パイロット カスタム ストライプ パイロット グランセ ロジウム ブラック&レッド パチンコ パリ、テキサス パルプ・フィクション ヒッチコック ピッチ・パーフェクト ピロリ菌 ファンネル ファンボーイズ フィンチャー フライド・グリーン・トマト フランク フルフル ブナハ ブヨブヨした端材 ブラキディオス ブリッジ・オブ・スパイ ブルゴーニュ ブルゴーニュレッド プラチナ プラチナ万年筆 プラティグナム プリデスティネーション プレステージ プレラ プロフィットジュニア プロフェッショナルギア スリム ヘイズキャスター ヘルプ  心がつなぐストーリー ベルリン・天使の詩 ベン・ハー ペリカン ペリカン クラシック M200 ペンクリニック ペンケース ペンシース ボルティックワークス ボルボロス亜種 ポーチ マイ・インターン マッド・マックス マネー・ショート マレフィセント ミスユーモア ミッドナイト ムーン ミッドナイトムーン ミッドナイト・ラン ムチャチャ メアリー&マックス モレスキン モンテベルデ モンブラン モーターサイクル・ダイアリーズ ラギア ラスト・ナイツ ラブフォーペット ランサップ リオレイア亜種 リゴレット リサージェンス リッチェル リンパ腫 ルシーナ ルポ ルポ・ペンケース レア素材不要 レイトウマグロ レザー レザーカバー レディシェーファー レミゼラブル レヴェナント レ・ミゼラブル ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ ロバート・デ・ニーロ ローラー&クライナー ワイルドスピード ユーロミッション 万年筆 下位 下痢 世界の終わり、あるいは始まり 付録 俺のダンディズム 八木重吉 分度器ドットコム 剣士 剥ぎ取り達人 劇場公開版 十四才 双黒のライバル達 古龍骨 名言 嗤う分身 嘔吐 回避 団長 団長クエ 大きな太古の破片 大剣 大和 大地の龍玉 大地を穿つ剛角 大地を穿つ剛角 入手 大鹿角ノ破弾弓 天才スピヴェット 太刀 完全版 宝玉 寒気立つクチバシ 尻尾 川口ドクター 忌野清志郎 怒りのデス・ロード 感動 抑うつ 抑うつ状態 抜鈎 操虫棍 改造データ 斬れ味+1 断罪の銃棍J 旧カスタム 旧バージョンダウンロード 映画 時間の旅 月に1回以上映画を観る人 村クエ上位 防具 松露 桐島、部活やめるってよ 極細 歌詞 正方形ツバメノート 江頭2:50 泣かない 消え去ること、霞の如し 深海 滝藤 賢一 火の国を訪れし危機 火山 猫 腎不全 疝痛発作 痛み 癒着 瞳の奥の秘密 砕竜の黒曜甲 秋桜 竜骨結晶 細い太古の破片 細字 緊急クエ 胃痛 胆嚢摘出 胆石症 腸閉塞 腹腔鏡下胆嚢摘出術 腺癌 色彩雫 華麗なる大逆転 蒼玉 蘇えりし者 蛇王龍の扇刃 術後服 装備 裏窓 裏表紙 西條八十 見た目 見た目装備 逆鱗 適応障害 酷評 銭ゲバ 長い太古の破片 防御力 除菌 隠しマップ 電撃 ランディープ 霞か雲か古きぞ出ずる 霧雨 食器用 スタンド 食餌 鹿弓